2016年06月23日

EDDIE HEYWOOD and his piano and all stars (1945)

IMGP4842.JPG


さて、2015年3月度の入手ブツに突入である
どーもこの頃エディ・ヘイウッド熱まだ冷めやらぬ
という按配であり

当10インチ盤、コレがまたいいんだなぁ
ナンスのバイオリンにドン・バイアス
というチームとホッジス参加の2種録音が片面づつ

ホッジスとエディさんが演ってるってだけで嬉しいではないの
全6曲どちらも1945年の録音である

ちなみにこの音源って駆け出しの頃のシェリー・マン名義
聴けるようだが男は黙ってブランズウィック・モノラル盤だ

顔からは想像できないナンスのリリシズム
後姿のドン・バイアスに夜のペントハウスから見る
街の灯りこそヘイウッドの輝きである


posted by ドクた at 22:43| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | JAZZ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック