2016年10月30日

Big Band Jazz Of The 20's Jean Goldkette And His Orchestra  Featuring Bix Beiderbecke, Frank Trumbauer, Eddie Lang

IMGP6185.JPG

(20015年 4月度)
ということでアタマを冷やすためクールな1枚
(コレは持ってたか)
と・思わせたのは頂きブツのミズーリアンズ
(背景の印刷インクの色がよー似てますがな)
インクを始末しとるなRCA

ま、コレもTOMとダブって・・と思ったが
不思議とダブリ無ッシング、
「My Blackbirds Are Bluebirds Now」は当10インチが
本テイクで、オールド・マスターズ盤 TOM-47が
2回目と3回目の録音のようだ

気になるので本テイクとセカンドを同時に鳴らしてみた
(楽譜通りやから そんな違いありまへんデ)
セカンドの方が演奏時間が2・3秒短いようだ
(そんな細かい事気にする男ではない)

フィチュアリングに
ビックスとトランバウアーって書いてあるものの
スズメの涙的ソロ(といえるかどーか)
ま、エディ・ラングさんがけっこう聴けるので
善しとしておこう。
タグ:"X" LVA-3017
posted by ドクた at 22:44| 京都 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | JAZZ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
これも早く売らなきゃ(笑)。
Posted by かふぇそ at 2016年10月31日 17:53
あ、いゃ ですから10インチ盤なら
住宅環境にも優しいブツだと思うんですが・・・

「アナログ盤の逆襲」
こんなフレーズ80年代に聞いたよーな・・・
(ココだけの話)
僕も2台目の蓄音機置き場所確保のため
非常に苦しい立場に立たされてるような現状ですねゃ。
Posted by ドクた、 at 2016年11月01日 00:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/443258574

この記事へのトラックバック