2016年11月22日

1919 Victor Victrola VV-IX Phonograph

IMGP6553.JPG

先月、超お気に入り出品者さまの出品ブツを見た瞬間
どーにも我慢できず住宅事情も省みず
(ダレにも見つからず)
かなりの安値で2台目の蓄音機を見事に落札でけた
(隠密電撃作戦成功!)

オーディオでは出せない音が出るから
蓄音機の音に完全に魅せられてしまった

箱が薄利してたり到着してネジが2・3取れたり
錆びてたり・・・
(100年前の製品では当たり前ではないか)

新品を買ったのではない、んな事でガタガタ言うと
落札者の名が廃る

ソコはそれ 愛情を注いで修復と磨きに磨く
労いと感謝の精神でハンドルを回すのが
音に魅せられた信徒の儀式なのである


つづく




posted by ドクた at 23:06| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ドクた、と僕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック