2016年12月17日

Vic Dickenson 「vic's boston story」 (Recording Date1956 - 1957)

IMGP9259.JPG


(2015年7月入手)

ボストンといえば僕の大好きな探偵スペンサーだ
かなり読んでるがストリーヴィルは出てこなかったハズだ
唯一文章に出てきたジャズ楽士は Wild Bill Davisonだったハズである

北欧ではなく1950年、ボストンにストリーヴィルというジャズクラブと
レコード・レーベルを設立したのはジョージ・ウェインである

彼の大好きな街を題材に大好きなミュージッシャンを招いて
愛情込めて作られたアルバムという印象だ
コレぁ ディッケンソンが残したアルバムで最高と思える

僕の中間派ジャズ、十本・・いゃ15本の指には入るなぁ
(先日ダブリに気づかず手を出してしまったのは)
こういう経緯があったからである
(はじまっているワケではない)。
posted by ドクた at 22:24| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | JAZZ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック