2016年12月20日

THE GEORGIANS 1922-1923

IMGP8439.JPG

「踊るな・聴けいッ!」って言われて聴いてきたつもりやけど
腕組みしながら聴く音楽ってのぁ チト了見が狭いのではないか
(と・最近気づいてきた)
聴いて欲しけりゃ聴かせる音楽を演れぃッ!

聴いて踊りだそうが幸せな気分になろうが
メランコリックになろうがエアー・ギター弾こうが
聴く方の勝手ではないか

お気に入りのアーティストのアルバムを買うより
気に入った曲をmp3で1曲づつ買う
そーゆー時代なのかもしれんし 文句言う事ぁない

っちゅーことで買ったCDがジョージアンズである
(2015年7月入手)
ビックス以前のトランペッター(Frank Guarente )フランク・ガレンテはイタリア人だが
たぶん ジョニー・ガルニエリとは親戚関係ではない

Phil Specht楽団のピックアップコンボとゆーかスモール楽団
キーポイントはピアニストの Arthur Schutt
22年にゃヨーロッパへ渡りアメリカン・バンドの底力を
見せつけたのである(ジョージアンズ ナメてたらあかんぞ EU)
と・ゆーことが ザ・レッド・ホット・ジャズ・アーチブに書いたァった

白人楽団のワリにどこかエキゾチックな香りがして
それにこの年代に興味が湧くではあ〜りま温泉ではないですか

ほてから・もー1枚のオールドブツは


IMGP8438.JPG

Hal Kemp & His Orchestra 「The Hot Sides 1926-31」
(2015年7月入手)
CD後半で二十歳出たばかりのバニー・ベリガンが聴ける
年代がアレだからジョージアンズより聴きやすい

ポール・ホワイトマンの弟分という感じか
ポップな部分がある(ソコがいいかもしれない)
「The Eyes Of Texas」なんか好きやな
あんまし聴いてませんが(苦笑)

あと7月はアップ済みのテテさんをコぉたんやな
(買い過ぎゃ)。

posted by ドクた at 15:04| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | JAZZ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック