2017年02月16日

Jabbo Smith 「THE TRUMPET ACE OF THE TWENTIES VOLUME 1」(1928−1930)

IMGP9430.JPG

(2015年8月の入手ブツ)

さて、2015年の8月のことは あんまし覚えてないが
ジャンジャン横丁から日本橋への散策コースで買った1枚が
このジャボでありますが、リズム・エイセスのCD持ってても
やっぱCDは疎遠になりまんにゃけど このレコはかなりヨカッタなぁ、

ルイからロイというのはかなり乱暴な矢印でありますな
それよりこのジャボの影の方がルイよりロイには大きいよに思える
初期のルイさんは あー見えてもけっこう複雑なソロイストだが
ジャボはストレートでんがな この直球がロイにも継承されとる気がする
(単純と言ってしまえば身も蓋もありまへんが)

「Lina Blues」で吹くボントロもジャボ風味で
日替わりメンバーだが大概5〜7名からなるのか
エイセスっちゅー精鋭部隊はウッド・ベースでなく
チューバを使ってるから ビッグ・バンドでもコンボでもなく
不思議なサウンドを醸しておりますネ

ジャボの突撃ラッパのクッションになるよな
アイキー・ロビンソンのバンジョー・ソロが美味ぃ

もう少し「明るい表通り」を歩く時間がほしかった
エリントンの父ッつあんも・もうちょっとギャラに色つけたらんかぃ

(かくしてキャット・アンダースンは1944年に・・・)。


posted by ドクた at 13:30| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | JAZZ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/447053219

この記事へのトラックバック