2017年03月10日

Pete Brown / Jonah Jones 「Jazz Kaleidoscope」(1954)

IMGP9480.JPG

(2015年8月入手)
A面片面がピート・ブラウン、あの10inそのまま
おんなじベツレヘムやもんなぁ
(ナニやってんねん オレ)
って・・・転売を模索するも

意外といえば失礼だがB面のジョナ・ジョーンズ(7曲)が
思いとどまる決意をさせてくれた
1954年のベツレヘムでのセッション
メンバーが入れ替わるがどちらもナットクの人選
オジー・ジョンソンってこの場にピッタシゃ

「Wrap Your Troubles In Dreams」なんて演ってくれちゃって
(フレディ・ハバードよりよっぽどえーど・えーど)

という事で今夜は遅いので明日はこのCDを引っ張り出して
キャブの舞踏をコピーしてみたい


IMGP2491.JPG

Jonah Jones Story 1936-1945 (Jazz Archives No. 83)

どーだこの豊饒なる人脈わ(顔で判断したら・あかん)
しかし・・あのヤマシタのブンちゃんと似てる

オーサカ飲みに行くどっちゅーたら電車賃と
千円札1枚こっきり・・店を出れば
うやうやしく両手でその千円札 1枚を差し出す
(その何倍も焼肉とビール&マッコリをイッとるやないヶ)

ソレが今じゃ研修生を指導する立場にあるらしい
一度 研修生を集めて指導員の行状を細かく説明してみょ
それにしても 憎めんのょネこの手の顔は・・

明日はCD聴きながら踊ろ。


posted by ドクた at 21:50| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | JAZZ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック