2017年05月01日

Boyd Senter & His Senterpedes 1929-1930

IMGP9936.JPG

(2015年9月入手ブツ)
次は ついつい2度買いしてしまう(お・まぃ)ガーでニア盤
(なぜかDiscogsには出てこないなぁ)

ボイド・センターって白いフェス・ウィリアムスかぇ?
っちゅーのは大きな間違いだ
第一「至高のジャズオロジスト」と呼ばれた方だ
せやけどジャズオロジストってなんゃ?

よくワカランがココでもまたハーモニーに秀逸なる
モノを感じ痛み入る
この辺がフェスとは抜本的な違いなのである
(あんまし聴いてませんが)。


ラベル:GARDENIA 4003
posted by ドクた at 14:40| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | JAZZ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック