2017年06月09日

「Junie C. Cobb 1926 - 1929 South Side Chicago Jazz」

IMGP0822.JPG

(2015年10月入手)
ピアノといえばジュニー・C.コブ楽団のアレックス・ヒルも
興味深いピアニストでありますナ

ジュニー・C.コブならスワッギーもえーど
っちゅーことで購入したワケでありますが
クレディット見りゃ 氏のマルチプレイヤーぶりがよくわかる
おそらく全楽器を操れるハズだ

ドッズを招いて自らもクラを手にする
(えー 根性しとるゃないケぇ!)
いゃ この「East Coast Trot」がまたいいのよネ

お馴染み「ローリン・ミル」と同日録音か
ジョージア・トムが作った「Panama Blues」を演りましょ
てな事ゆーたんはタンパ・レッドか
(たまらん ヨロシ)

また全体的にこの楽団のベースの音がいいんですネぇ
少年時代のジミー・ブラントンも憧れた(と思う)
ソレなりの装置で聴くとその辺りのチガイがワカルのョ
ウシシ。


posted by ドクた at 15:24| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | JAZZ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック