2017年06月29日

Clarence Williams Orchestra Volume I 1927-1928

IMGP2624.JPG

録音のたんびにピンハネしてる?
(ダレのおかげで録音できとる思とんじゃ ワラぁ〜ッ!)

注:このワラぁ〜ッ!という部分に誤解が生じるかも
しれませんので解説しますと頭文字は「B」
(失礼しました 識者のみなさまには不要の解説です)

このセコさと大口からの集金によって業界の成功者
オマケにベッピンの嫁はんもらいやがって(こんチキショ)
サッチモとベシェを録音させた監督としての手腕

いゃ んな事より音楽家としての魅力だ
当時のジャズの正統なる演奏及び黒人賛歌とゆーか
R&Bともとれる録音がある
(この辺はエリントンとも通じるが)
ジャグ・バンドではソレなりに吹き倒す
けっこうミステリアスな音楽性に惹かれるのである

っちゅーことで当レコ・・
(手持ちのフォンタナ盤とダブってるやなぃケぇ)
クラレンスの事だ 大目にみておこう

さて、やっと次回から2015年12月ブツだ
最近仕入れた音源なんかも混ぜながら
早ョ・2016年に入ってみたい。



ラベル:Riverside Records 8820
posted by ドクた at 22:57| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | JAZZ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック