2017年07月14日

Various「In The Spirit No. 1」(リリース1966)

IMGP5089.JPG

(2015年12月度ゲット・ブツ)

ボール紙にコピー写真が貼ってあるだけで
レコを売らんがためにジャケを手作りしたブツだ
(もっと値切ったらよかった)

パットン氏に贔屓にしてるタガート、シスター・ジョンソン
ヨダレが出るクレディットだが大概ダブリだ
ソレがどーした・手作りジャケがなんだ
コレは「聖なるレコ」である
(注:私的に「殿堂入りレコ」という規定より格上になる)
フレーズがカッコえーというのが理由である

マザー・マコラム(Mother McCollum)歌う
「When I Take My Vacation In Heaven」はどーだ(完璧ゃ)
ギターに伴う風鈴みたいな音はミシシッピを旅するお遍路さん
巡礼者の音であり決して安モン熊除けの鈴ではない

(残念ながらこのバージョンは動画にはない)
祈りが通じなくなる配慮と推測する(レコ買ぃなはれ)

最後はワシントン・フィリップスで締めるあたりは
ワタクシ以上にスピリット&焼酎に精通されている証だ
フムフム(って・えーカッコゆーな・ダぁ〜ってぃッ)
ちょ・ちょっとくらい言わしたってぇ〜な・モぅ

Herwin 206も良さそ。



posted by ドクた at 13:59| 京都 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | Blues | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
わたし、焼酎は洋物ばかりなんですが
特にタマシイがどうとかはないですね。

英語わかるようにならないし。
Posted by Kenneth.K at 2017年07月18日 12:59
フム、洋物焼酎?
冷凍庫保存のドライジンなんて(サスガ)

それにしてもホンモノのバーで飲む
ジントニックてなんであんな美味いねんやろ?
(いっぺんレシピ教えて下さい)

先日ぁ若い連中と飲みツアーしたんやけど
(次回からメンバーを激選したく思います)
アホらして飲んでられん。
Posted by ドクた、 at 2017年07月18日 22:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック