2017年07月16日

Various:「Rugged Piano Classics」 1927-39

IMGP5088.JPG

(2015年12月度ブツ)

アレ この時期に買ったのか?はじめて気づいた
折につれ、このレコはよく聴いたなぁ
(ナニか聴こうと思たら まずコレを回した)
まったく聴いてて飽きない
そのワリに落ち着くってか 男の癒しレコと呼んでもいいかしら?

知らんヒトの方が多い戦前ブルース・ピアノ集というか
ヴォーカルがまたいいのョ

ブルース・ファンの方々には定番人物なんでしょうか?
ヘンリー・ブラウンさんとか
ジェームズ・ウィギンスさんの
「フリスコ・バウンド」なんて ちょっとクセになりますな

あのフランク・メルローズさえカッコよく聴こえる
興奮するでもなくまったりした時間の流れを感じて
いいレコだなぁとつくづく思うのであります。


posted by ドクた at 20:36| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Blues | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/451860152

この記事へのトラックバック