2017年08月05日

「Frankie Newton At The Onyx Club」(1937・ 1939)

IMGP4755.JPG

(2015年12月度ブツ)

いゃ 2015年12月はピートにうつつを抜かしてばかりでは
イカンかったのだったのである
オニックス・クラブと言ゃあ カービーであるが
ココは・フランキー・ニュートン同志が
キッチリ仕切っておられるのである
(編曲が素晴らしいではないか)

あのな・天才ブラウニーの泉の如く湧き上がる
フレーズと歌心という謳い文句があるが
その「歌心」とはなんゾゃ?
(と・思た時)当LPを聴いていただきたい
(ソレが凝縮されとるのである)

男性ヴォーカル陣もスウィートである
ミッジ嬢が可憐な事ぁ百も承知だ

カぁ〜ッ! クぅ〜ッ! たまらんッ
(どないしはりましたん?)
サリヴァン嬢は後年しか聴いてなかったのは不覚であった
37年カービー夫人がこれほど可憐だったとは
(今さらか)

とにかく我がコレクションの「殿堂入りレコ」だ
5百万積まれても手放さんどぉッ!

(あの・・タックスやったら高くとも ハっぴゃく円ほどで・・)
ソ・ソレを ゆぅ〜なっちゅぅーねん。



ラベル:Tax m-8017
posted by ドクた at 11:47| 京都 ☔| Comment(0) | JAZZ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: