2018年02月08日

Duke Ellington And His Orchestra「Suddenly It Jumped」(1946)

IMGP2445.JPG

エリントン楽団にとって1946年っちゅぅ年は例のミュージックラフトを
思いうかべるが(んなもん・年末の軽い業務だ)
ネットで録音状況を調査すると1月から大忙しゃ
メトロノームにウディ・ハーマンとの混成チーム(て・どんなやろ?)
シカゴのライブも気になるなぁ

45年のドサクサまぎれにオスカー・ペティフォードが参加
(微々たる変化が感じられる)
それにホッジスは46年以降ソプラノを質屋に流したらしい
47年にゃパーカーがカマリロから退院
(いざ52番街へ!)

んな話はどーでもえーけど世間のバップ風潮を
エリントニアン達はどー受けとめっとたのか
てな事ぉ思いながら当LPを聴くのも一興である

カーネぃに照準をあてた「Sono」はこの年・何回も録音されとる
僕のお気に入りは「Rockabye River」カッコえー曲ゃ

この曲6月1日 NYで「Rickabye River」というタイトルで
録音されたのがお初か ほて7月10日にロスで録音されたんが
ビクターのSPレコになったみたぃ
(ビクター・サイトでは1947年4月?リリース月か)

千円もしなかった中古レコ・なかなかいーゾ
(しかし・まったり聴く時間がない)
ドッサリ安音源が溜まっておるからだ
(お〜ぃ オレの早ョ聴いてくれよぅ)
了解。






posted by ドクた at 14:03| 京都 ☀| Comment(0) | JAZZ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: