2018年02月22日

Armand Hug 「Bix Hug」

IMGP0661.JPG

(2016年5月入手ブツ)


ビックス関連のソロピアノでんにゃけどジャケは2枚組み用
見開きのダブルだが音は1枚のビニールに全て収まってる
例のラルフ・サットン氏よりは少しいい感じ
アーマンド・ハグさんと発音するのか?
ほんでビックス・ハグか(なんかっとんねん)

あの「NORK」ではなくヌぅ〜オリンズ・アぅルズに
28年から参加したピアニストで
ヌぅ〜オリンズから外へ出た事がないらしい
せやからこの録音も地元のホテルでデータが調査不足だが
68年もしくは70年代中ごろと勝手に思とこ

このレコのいいトコロは・・・

R0030584.JPG

ご覧のように全曲ビックスの録音時のデータが記載され
当時の雰囲気を尊重したソロ・ピアノプレイをしておる事だ


R0030585.JPG

ま、オリジナルは「Okeh 40843」だが
こゆの回してる方ぁ ふむふむナルホドと・・
そーでない方ぁ 退屈かもしれませんな。

若干ワタクシ・へそ曲がりですのでガルニェリ氏でいきます






ラベル:Jazzology JCE-83
posted by ドクた at 11:00| 京都 ☀| Comment(0) | JAZZ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: