2018年05月12日

Sam Manning Volume 1・Volume 2 - Recorded In New York, 1924-1930

IMGP3924.JPG

2016年の5月まではなんとか入手音源を紹介できてるようだが
その頃入手したと記憶する音源を2・3・・
(と・ゆーことはあんまし聴いてないブツだが)

まずこのサム・マニング氏のJazz Oracle 2枚(ゲップぅ)
サム・マニング氏はかなりの大物と思われるが
やはりカリプソって歌詞に重点を置かれてるのか
ヴォーカルには魅力を感じない

バックの演奏もソコソコだが
25年あたりから頻繁なる参加・ギターのGerald Clark
この人が音楽監督やったんヶ?
あの南アフリカの楽士とはまったくカンヶ無いヒトですね

んな事に耳がいくと・もっと聴いてみたいCDがある
かなり以前に仕入れたCDだがコレぁ(ずっといいゾ)


IMGP3928.JPG

ARSENIO RODRIGUEZ「El Rey Del Son Montuno」

小沢昭一がバタやんスタイルしてるのか
じつぁアルセニオ・ロドリゲス だ、
カリプソよりキューバ音楽の方が好きかなぁ
(ゲージツ的ゃ)

ホーン・セクションに素晴らしいピアノタッチ
チャノ・ポゾも参加の全盛期音源

日本で制作されてUKから発売か
リマスターも立派!でかした埼玉スタジオ
(できましたらブックレットも日本語で・・・・)。



posted by ドクた at 23:12| 京都 ☁| Comment(0) | JAZZ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: