2018年06月18日

THELONIOUS MONK & SONNY ROLLINS (53・54年) 

IMGP3083.JPG

(2016年 8月入手ブツ)

先日の「Bird and Diz」でミスマッチの誉れ高いモンク
あ、しかしミントンのハウスピアニストしててんやから
空気を読めないハズがない
(あいつらがオレとミスマッチやがな)

と・我が道を行く水戸黄門か
西インド諸島のあんちゃんと合いそうであわない

奇妙な都会の風景にはなぜかアフリカンな
ブレイキー音頭の太鼓が似合う

モンクに仕えた修行僧はスティーブ・レイシーだが
ココで1曲聴けるジュリアス・ワトキンスのフレンチホルン
かなりリーダーの音楽を理解しておるではないか。


posted by ドクた at 09:21| 京都 ☔| Comment(2) | JAZZ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おめでとうございます。
爺さんになったのですね〜。
お孫さんにもしっかりジャズを聞かせなあきませんよ。
Posted by 変幻爺 at 2018年06月19日 08:28
ありがとうゴザイマス・変幻さま

そーですネ・昨日 僕が咳きしたら反応したので
音には敏感なようで安堵しました、

なんか中途半端な現状で撮影にも釣りにも行けないから
ボケ防止に当ブログの更新をマジメにやってます

それにしても昨日は阪神以来の揺れでしたが
被害はなかったですか?

僕は目覚めと同時でしたので頭上のアンプとデッキに
直撃されないよう両手で押さえました。
Posted by ドクた、 at 2018年06月19日 08:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: