2018年07月08日

個人的な音探し W

IMGP5859.JPG

休日に本棚をバラしてコンポを横に並べた
(先日の地震対策でもある)
パワーアンプとターン・テーブルを同居
30+30=(たぶん僕の体重と同等だと思う)

棒っきれは簡単にキャビネットに取り付けられた
それにしても凄いウェイトの重さだ
ギッタン・バッコン(シーソー)状態で
手持ちのシェル&カートリッジでのバランス調整なんか手に負えん
(自慢やないがMMとMCの違いもわからん)オーディオ音痴だ

ひょっとしたら純正のブサイクなカブト虫みたいなシェルを
付けなあかんにゃろか(バサードさんは付けてなかったゾ)
そこで発想の転換だ(シェルに加重をかけョ)

(この3年ほど行けてませんが)ヘラ師ナメてたらあかんど
突風の吹く厳寒のうどん池で一片の羽という浮力に対してのバランス調整は
大学院生の研究論文だ
それに比べオルトフォンなんぞのバランス調整てなもん
保育園児のお遊戯やがな


IMGP5861.JPG

見てみぃ イッパつゃ
(シェルに板シズを背負わせた)

もっと古いM44Gも持ってるけど最近ネット見たら
買った時の倍の値段になっとるなぁ
(どーでもえーけど)

あと、微調整して重りをテープで留めて
テキトーに針圧をかけてみョ
(良識あるマニアはこゆ事 絶対しないと思うが)
コレで聴ける体制は整ったハズゃ 

ほな、試聴してみよか







つづく


posted by ドクた at 23:40| 京都 ☁| Comment(2) | JAZZ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
出た!
ゴールドフィンガーが繰り出す鉛の飛行船!!
Posted by Kenneth.K at 2018年07月10日 20:04
ケネスケさま

あ、はい出ました・ゴールドなフィンガー
板シズに対してのハサミの入れ方が
超ゲージツ的で完璧なる平衡を保っとります
(ソレがどゃねん?)
て・どーもしてませんが

コレが水中となりますと・床計りなんぞは
水底でのヘドロに対する浮遊力も
計算しなければいけません

コレを計算しないからド素人のみなさまは
楽しいお魚釣りができないワケであります

でしょ?
Posted by ドクた、 at 2018年07月11日 01:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: