2018年09月02日

Various:「Hy Weiss presents Old Town Records」 (1953〜1967年録音が多くを占める)

IMGP7046.JPG


(2016年11月入手)

ジョージ・ゴールドナー 、レナード・チェス、ジェリー・ウェクスラー
そしてこの人物 ハイ・ワイスとくりゃ R&Bにセメント流して
基礎を作ったお仲間ですな 50年代初頭からのスタートか
僕の好みから行くとまだスイング風味が残ってる40年代の
R&Bが好きなんやけど・・

50年代にゃ イリノイ系ホンカーらっパがハバきかし
どーもこのヒトの音楽はヒットを狙うことに専念しすぎ
とゆーか当時の熾烈なる業界のにおいがムンムンくる

で、R&Bよりロケン・ルぉ〜ルの種を
撒いたヒトのようで、そういう世間の背景が伺える

ドぅわっぷ系が多くを占めるがロスコー・ゴードン
ビリー・ブランドにブルースメン・ボブ・ガディがカッコえ〜 
この人のギタリストは野生のジミーだが
「Paper Lady」でのストラトと思しきギターはダレやろ?

特別上手いとは思わんが音にシビレた
(シングルを見つけたが)
高くて手が出ません。


posted by ドクた at 13:58| 京都 ☁| Comment(0) | R&B, | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: