2019年03月29日

V.A. / The Pete Johnson, Earl Hines, Teddy Bunn 「Blue Note Sessions」(1939・1940)

IMGP6124.JPG

(2017年6月入手)

えーと、全然気が進まないが順序として書いておくがモザイクだ
ネット上のエリントン講釈師が言われるようにモザイクは資料だ
という意見に同意見だ(その他はあんまし趣味があわない)

せっかくのLPという形態やのに色気も味気もない
バン氏にソソられたが・よう考えれば
(オレ・SP盤で持ってるやんヶ)


ピート・ジョンソンに付き合ってるユリシーズ・リビングストンは
アリステア・マクリーンかぃ?
と思えるような立派なお名前やけど・・・



あのビリー嬢のバックも努めた事あんのちゃぅかなぁ
いずれにせよ・ワタクシ同様 
仕事があんまし好きではない・というタイプである


IMGP0362.JPG

(この裏面なんて かなりヒドぃゾ)

っちゅーことでドクたのチャンネルCMでもしとこ
佳作にも入らなかった数々の作品を
(選考委員のバッカ野郎ッ!)
って気持ちで作った(けっこう楽しいデス)





も・一発

posted by ドクた at 00:16| 京都 ☁| Comment(0) | JAZZ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: