2019年12月30日

2019年度リスナー向上委員会特別賞

IMGP5371.JPG
Various ‎: Kroncong: Early Indonesian Pop Music Vol.1

たぶん今年だけとなると思われますが
リスナー向上委員会部門からの要請がありまして
当CDを簡単に紹介さしてもらいますと

アジア諸国とヨーロッパが繋がる以前 悠久の海洋を
ポルトガル船は母国の商品を積んでウロチョロしとったワケで
その商品の中にクロンチョン(ギター)があり小型はハワイで
(ウクレレという説あり)

アフリカ喜望峰からインド経由でマラッカ海峡というガマコースで
アジアに進出したポルトガル船員達は17世紀オランダ人侵攻のため
帰宅困難となりインドネシアはトゥグーっちゅー街に隔離
そこから「クロンチョン」なる とうよう氏曰く世界最古の
ポピュラー音楽が生まれた(という説がある)


当向上委員会が注目したのはヴォーカルでなく背景の演奏で
正当なる編成人員は7人編成でガタガタいうより動画で確認だ

ベースの弦が3本しかあれへんやんヶというのも気になるが
傾聴していただきたいのはチェロのピチカート
コレってラテンの打楽器に代わるもんちゃぅケ
(と・思うワケである)

解説には純度の高い混血音楽とあるが違和感を覚える
(純度の高い音楽はブルースやろ)
ポルトガル船が辿った歴史と船員達の血が奏でる
大変「密度」の濃い音源であると確信するが
最後の1曲はどーしても削除して欲しいと個人的には思う。

ちなみにポルトガル音楽を翻訳すると(こーなる)


で、本日ぁ貴重な休日だが娘夫婦がお孫を連れて上洛
ほんでピッカピカに磨き上げたクルマでこのドシャ降りの中
滋賀県某所まで送れって・・・(お・マぃんグぁ)

昼酒飲んでまったりコレ聴きたかってんけど



ほんで明日は仕事なんやけど本年度の総合グランプリレコを
必ずゃ紹介する所存ですのでご安心下さいまし
(どーでもぇぇ?)
そんな冷たいこと言わんかてよろしがな・もーぉ。


ラベル:ISR-3006 Rice Records
posted by ドクた at 11:27| 京都 ☔| Comment(0) | Blues | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: