2019年12月31日

JACK COSTANZO 「MR BONGO」(リリース2015)

IMGP2508.JPG

本年度の我が倶楽部におきまして総合年間最優秀音源
と致しまして当2枚組みLP「ミスター・ボンゴ」に決定します、
2枚組みといえばオールマン「イート・あ・ピーチ」に
ザ・バンド「ロック・おぶ・エイジズ」に並ぶ
例えがアレだが名盤だ!(と叫びたぃ)

かのマックス・ローチもチャノの影響でキューバへ修行しましたが
当コンスタンゾ氏もボンゴを演る前にコンガの修行にかの地へ行かれた

我が幼少期よりリズム・セクションと言えばドラム・セットに
エレベが絡むという装いでありましが 
ラテンにゃドラム・セットのかわりにボンゴにコンガに
わけワカメな打楽器がリズムの極地を疾走いたしまして
その分ベースがフリーダム賛歌を歌い上げるのであります

おぉ なんという開放感でしょう
今さらナニゆーとんじゃぃという意見は無視して
音の坩堝に酔いしれどツボ節にスーダラ節もオマケする
あのフェザー氏に「ミスタームぅ〜んライト」ではなく「ミスター・ボンゴ」
と言わしめた技術にビックラしよぅではあ〜りませんか

コレぁちょっと珍しい
    ↓


IMGP2639-tiles.jpg

さて、優秀なるレコは僕に多大なる影響を与えまんにゃが・・・
今年ゃ職場の不良分子を巻き舌マシンガンで浄化(追い出し作戦成功)
(僕ぁどーもラテンの血が流れてると自覚した)
ちょうどその頃激安SP盤が出品されとりまして
調子コぃて落としたSPが9枚
(やっぱりラテン系だと再度目覚めた1年だった)。






ラベル:JMAN LP 081 jazzman
posted by ドクた at 18:23| 京都 ☁| Comment(0) | JAZZ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: