2020年03月06日

「Sarah Vaughan With Clifford Brown」( December 16 & 18, 1954, NYC.)

IMGP5525.JPG
(2018年 6月入手・ポイントでゲットブツ8枚目)

高校生くらいだったか、少年ドクたはブラウン・ローチ双頭コンボに
ガッビぃーんッ!と来てもて当時発売されたエマーシーのにっぽん盤を
バイトして買い占めていたのである
いまやったらオリジナルを・・・(諸般の事情ってものがある)

で、買い占めたワリにアレもコレも歯抜けだ
(歯ぁの話はしたくなぃ)
で、コレをショボくポイントでって・・・・
(歯ぁはアレで進歩はまったくなしゃ)

日本製だったのでブックレットを見たら油井せんせダ
サラ嬢の50年代中期傑作はこの1枚でブラウニーが参加してる
という理由はこじつけだ(と・おっしゃってる)
立場もあろうが人間・正直にならねば(と・僕ぁ思った)

ややもするとしんきくさいスロー・バラードも聴かせるのは
さすがやと思うがジミー・ジョーンズの功績が大だと思う

変な言い方だがヴォーカルものやから少ない各自のソロが
よけい有り難味がある 中でもブラウニーは全て絶品!
ご馳走をけっこう食べて最後に一番食いたかったモノをパクリと・・
(そんな感じか)

できればレスター(クィニシェット)とブラウニーの掛け合い部分も
チョビっとあってもいいのではないか
(と・思った次第である)
油井せんせは解説でサラリと流してられるが
このテイクがえーがな(You're Not The Kind)。




posted by ドクた at 15:05| 京都 ☀| Comment(0) | JAZZ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: