2020年06月30日

Gerry Mulligan Meets Johnny Hodges (November 17, 1959)

IMGP6955.JPG


2018年9月入手ブツ

最近はガラクタ出品に次期導入システムの検討
その前に資金確保の計画(ナニも材料が見つからない)
あと聴く音源大杉開発でなかなかこの盤も聴けないが
コレぁかなりよかった、

しかしホッジスよりジェリーの方が名前が
ウエにきとる(映画の字幕でもよくモメる原因だ)

コレぁ 親っさんがヴァーブ本社に乗り込み
(ウチの若頭にナンちゅぅことさらスんッ ン?)
と鼻息荒げ息巻くまでもなくホッジスファンなら
イラッとくるキモチもわかるが

ココは西側陣営でショバはLA・大目にみとこ
いっぺんマリガンの初期代表作っちゅう中古CDを買ったが
(アスファルトに叩きつけたろ・・・か)と思ったのは事実だ

マりガンっちゅう人はよほど他流試合がお好きな人だ
という書き出しは油井せんせの活字やったか
モンクとの共演はガキの頃 大好きな1枚やった
(あのオッサンと演るにゃ技術以上のモノが要る)

ということでサポート役に回れば素晴らしく
(日頃からそーゆープレイせんかい)
と・思わせるプレイヤーはこの世界に多い
ココでのマリガンは絶対出しゃばらない

ホッジスさんの一音聴いただけでギュっと目を閉じる
と同時にウッと息が止まり2コーラス目からゆっくり
鼻から息を出す、美味い料理を食べた時もこの現象である
その時鼻で香る香りこそ味覚の一部なのである
未経験だというジャズファンにゃ息を止める練習をして欲しい
(オガタはそのまま息を止めておく事)。

posted by ドクた at 12:55| 京都 ☔| Comment(0) | JAZZ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: