2020年08月09日

Kokomo Arnold ‎– Set Down Gal, Quit Your Low Down Ways(1935-1938)



2019年、つまり去年の1月ぁ けっこう買ってたなぁ
この現象は月々の給料はめちゃ安いワリに
12月のボーナスはけっこうヨカッタという事やな
まるでお年玉もろたガキ状態やがな

っちゅうことで、この後はLP&CDめっきり
少なくなってSPの比重が多くなった
ぶっちゃけた話、よく目を光らせてたら
オリジナル盤で程度良し、しかし人気が無い
(そゆのがごヒャク円って・・)

シェン円のCD買うより価値あると思うねんなぁ
ほて最近はレタスがメチャ高いやん
って、収入が無くなると生活に根差した
カネ勘定をするようになってもて
電気代の節約にアンプ&スピーカーを使用せず
CDレシーバーから直で小型スピーカー使用

360°どっからでも聴けまっせぇという
謳い文句の商品だがやはり音の指向性を重視したい
急遽発泡スチロールをくり抜いたが
(カタチのいい流木を探そうと思う)
タダやもん


IMGP9324.JPG
と・ゆーことで去年の1月度入手音源最後の1枚は
マグパイのココモ氏で〆とさせて頂きます
(嗚呼 戦前ブルースが沁みるなぁ)。


posted by ドクた at 14:14| 京都 ☁| Comment(4) | Blues | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
良い音出てますね。
この人戦後の再発見されても、白人のボンボンの前で歌えるかい、と演奏を断ったとかという逸話があります。ブルースマンの江戸っ子堅気かな。
Posted by おぎてつ at 2020年08月11日 21:28
えっ ホンマでっか?オギさん
ま、SP盤からストレートに録音して
LPを作ったって感じでノイズも入ってますが

変に音を加工して聴きやすくするより
こういう録音の方が好感持てますネ

ブルースマンの江戸っ子気質?
それでこそ真っ当なブルースマンです

僕なんか日銭稼げるんだったら
ある程度の事ぁ腹ぁくくってやらせていただきますが・・

オギさんやらない?やっぱし
教育者たるもの犯罪行為はイケマセン
(そのスレスレの線なら・・・・)

って、バカな事言ってないで感染には
気をつけましょ。
Posted by ドクた、 at 2020年08月11日 22:36
その点、ジョン・リー・フッカーなんてのは、金さえ貰えれば何処にでも出て、唸ってみせるタイプですね。 それなりに感心はするけど…。

最近、リマスターものが多くて、音も綺麗になって聞きやすいけれども、この手の音楽は「えぐ味」も有って良いと思います。
Posted by おぎてつ at 2020年08月12日 02:58
へぇ〜 ジョン・リーって一見江戸っ子気質
もしくは偏屈オヤジに見えますけど
(そーいえば早い時期から白人と演ってましたな)
チト苦手なタイプですが(笑)

マイルスが聴けぃ!てな事ゆーて観客なんぞにゃ
絶対頭を下げない(わしゃアーティストゃ)

という時期に楽団員に正装させ観客に最敬礼させ
お客様は神様でんがなと言ったのが
アート・ブレイキーであります

どちらも世渡りが上手いし才能はありますが
前者の場合真の才能がなければリスクを伴います

オギさんなら大丈Vだと思いますが・・・・・。
Posted by ドクた、 at 2020年08月12日 09:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: