2021年05月14日

2021年・巣ごもり読書感想文 第2弾

IMGP5684.JPG
「少年時代」(文春文庫) 〈上〉〈下〉
ロバート・R. マキャモン (著), 二宮 磬 (翻訳)


1964年アメリカ南部の片田舎ゼファー
そこに住む少年コーリーは12歳
っちゅうことは若干年上か
僕とそれほど歳の差はないな
1年前に大統領が暗殺されて
アポロが月面に着陸するまで5年待たなあかんがな

ちょっと待てぃ
1964年っちゅうたら東京オリンピックやないかぇ
(ペプシのオマケが欲しーてどんだけ飲んだか)
よど号ハイジャックは1970年
7年後の1977年はダッカ日航機ハイジャック事件

時の総理・福田 赳夫は「一人の生命は地球より重い」と述べた
おぇッ!ソコの政治屋 ちゃんと聞いてんのかぇ
(平和ヴぉヶしとったらあかんゾ)
失礼しました閣下、深く反省します
(ヨシっ)

と・いうことで当作品は1995年日本冒険小説協会大賞受賞
せやからコぉてんやがコレぁ冒険小説ではない
1992年に世界幻想文学大賞も受賞しており
ファンタジィ・ホラーの名作らしい
・・・・・が
僕には上下巻読むのが大変苦痛であった

も・ひとつヒドイ作品を・・・・

IMGP5686.JPG
「老いた男」 (ハヤカワ文庫NV)
トマス ペリー (著), 渡辺 義久 (翻訳)


「ワシがバカじゃった」
久しぶりの組長・山守に裏切られた広能昌三のセリフだ

老いた男っちゅうてもオレより若いやん
っちゅう事ぁオレぁジ・Gっちゅうことかぇ

このブックカバーを見て おッ軍用犬が活躍するのか
(勝手に決めつけたワシが・・・)
35年前の任務が原因で政府に追われる軍人
いわゆる逃亡者だ 名前がチェイスやて
(いっそワーデル・グレイにしろ)

連れてる犬は軍用犬ではなかった
逃亡は用意周到と思えるが
妻を演じる女性の過去

ティーン・エイジャーだった頃
家に侵入した強盗二人をいきなりショットガンで射殺
空軍勤務の父親は死体と武器を埋めるが発覚
武器の指紋は拭き取ったが弾薬に指紋が残ってた

娘の指紋を採られれば・・・・
「2年前に住んでたテネシーで家出したことにしましょ」
ちょっと待て警察・・・いゃ読者ナメとんのかぇオバハン!
(その時・捜索願出したんかぇ?)
そんなウソがまかり通るのはヨシダの世界観だけゃ

ほてからビッグ・ベアーのサン・バーナディーノ山脈にある
キャビンに潜伏中のオールド・マンに今から仲間と
突入するぞという時にジュリアン・カーソンは裏山から
オールド・マンに逃げろと教えに来るシーン

今から突撃するぞと緊張感溢れる
他の突撃隊員からお前どこ行ってたん?と聞かれるやろ
(どーも一般常識を備えていると理解し難い)
まだまだあるがきりがない
それに逃亡先の土地が変わるが土地の空気感を
漂わせる文章が超希薄である

あと一言、標的を殺る時にごめんやすと一晩で?
水と食料あと紙おむつ持参で
最低1ヶ月は屋根裏でチャンスを待つ
一瞬のスキを衝いての胸のすくような狙撃
(これくらいのリアリティー出したらんかぃ)ったくぅ

っちゅうことで本筋ではないが細かいトコロでも
辻褄が合わないミスというか甘さがあると
もー あかん
オガ〇もろともアスファルトに叩きつけ
踏んだ足でツィスト踊ったろかぃな
(と・思わせる作品であった)。
posted by ドクた at 13:19| 京都 ☁| Comment(0) | オモロかった本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: