2021年09月04日

2021・夏休み読書感想文 第3弾

IMGP9545.JPG

無頼の掟 (文春文庫)
ジェイムズ・カルロス・ブレイク (著), 加賀山 卓朗 (翻訳)

みなさま大変長らくお待たせ致しました!
この1・2年、辛口感想文しか書けませんでしたが
近年まれにみるオモシロ本がコレでんにゃがな・もぉ〜!

なんや犯罪小説を推奨するんかぇ
って、僕も先日被害におーてもて憎むべき犯罪でんにゃけど
結局薬局オトコの目指すトコロ・この「掟」ネ

ソレをコッチから見るかアチラ側から見るかの違いで
結局見るのは同じオトコの世界なんですょ
(原題が"A world of athieves"は「無法者の世界」)

時は1920年代禁酒法時代で銀行もあくどい時代やから
犯罪意識も薄れるし、当時のムショ暮らしや
脱獄シーンが素晴らしいのなんのって・・・

ルイジアナや石油ブームに湧くテキサスの描写
ジェイムズ・クラムリーを思い起こされる書き手で
音楽にも造詣が深そうだ
最近の犯罪映画と比較して評するレビュアーは
こういう文章を読みとらんかぃ

復讐の悪鬼となったジョン・ボーンズも
不気味で(え〜味出してまんがな)
作品の最後にはなくてはならない存在だ
また、その後のベルの生き方も覗いてみたい気がする

表紙の画像がクサぃだけで文句の付けようがない
かなりのオモシロ本でありました。
posted by ドクた at 15:35| 京都 ☁| Comment(0) | オモロかった本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: