2018年11月26日

「Billy Butler Guitar Soul!」(September 22, 1969)

IMGP2178.JPG

(2017年 2月度の入手ブツ)
突然ビリー・バトラーが聴きたくなった
もちろん安いのを落としたが
あまりオモシロクなぃ
バトラーに責任はない
(せやけどあの曲はマット・マーフィーやで)
リズム・セクションに問題アリゃ

ベースもドラムも技術は上手いのは当たり前やが
あのグルーヴ感が全然出てへん
(看板にソウルって書いたぁるがな)
スペックス・パウエルは1922年生まれでジャズ畑一筋か
録音当時は47才かぇ(個人攻撃はヤメとこ)
しかしプレスティジのプロデューサーはセンスないど

現場の事情がサッパリわかってへん上司を持つと悲惨ゃ
(ワカっとるネ オガタくん)
っちゅーことで2年後はとろ火で煮えるメンフィスソウル!

舎弟のデュープリーは えぇ若いもん持ったのぉ
(と・山守口調でバトラーがつぶやいたのはマチガイなぃ)
ジェリー・ジェモットにバーナード・パーディ
(スティックス・フーパーでも可とする)
あの感じで迫って欲しかった チェッ。



ラベル:OJC-334,
posted by ドクた at 10:55| 京都 ☁| Comment(0) | JAZZ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月24日

Various:「Big Band Rhythm」 (1931・33・35)

IMGP1333.JPG

さて、2017年 2月度の入手ブツになりまんにゃけど
この月にゃじつぁ 紹介済みのコレなんかも落としてますな
重複せぬよう気ぃつけょ)
ヴォヶとるやないけぇ オッサン!
(って言われたなぃ)

っちゅーことで当「ビッグ・バンド・リズム」は
イタリぁ〜ノ産でまぎれもなき安レコでありますが
あの方関連番外編で懐かしき音源も入っておりますデス
当初は音がワルイと思ってましたが(大きなマチガイ)

ソレなりのカートリッジで聴くとブスが美人に変身!
かなりX・C(シヴぃ)なる中身であると判明した
レコたるモノ・ボロは着てても心は錦であらねばならぬ
(いちおー シールド付きですが・・・)意味あらへん

で、ソレなりのカートリッジとは?
むふふふ 近いウチにジックリ・コッテリ紹介してみょ

なんせ僕ぁ この時期ナニかと忙しいのである


続きを読む
posted by ドクた at 10:30| 京都 ☀| Comment(0) | JAZZ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月10日

Red Allen「 Red Allen & The Blues Singers (Vol. I) (Vol. II)」

IMGP9797.JPG


IMGP9798.JPG

(2017年 1月度入手ブツ)

先日も申しあげました通り
フランキー・ジャクソン氏のLPぃに関連しまして
若干ながらピクっ!と我がコレクター精神に火がついたようで

とりあえずわ脳内インプットされてる
いつもの店・いつもの段ボール箱から引き抜いた
という次第でごぜぇます

前回のタンパのブルーバードはその時見つけまして
ついでの駄賃に買ったよーなもんです
(かなりブルジョアジぃなる発言と自覚しております)

そのワリにいつも安いのばっかし・・・・
(じゃかぁっしゃぃ)。

posted by ドクた at 23:06| 京都 | Comment(0) | JAZZ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月08日

Various:「Tea Pad Songs Volume Two」(1937〜1955)

IMGP9793.JPG


(2017年 1月度入手ブツ)
お気に入りのスタッシュ・レーベルだが
音源供給過多に自由時間を超搾取されておる為
聴くヒマ ・なッシングぅ〜とくりゃ
(CDRに録音したがな)

ほんでイン・ザ掘っ立て小屋(梅津管内・音楽研究所)にて
お仕事完全放棄状態・・(ヤッてられっかぃ)
当然・正太郎少年とジックリ試聴した

資料がなかったんでデタラメに各曲を少年に解説した
(若人には夢を・・ソレが年長者の義務やと思う)

フムフム おぃおぃ(まぐれか)大概おーてるがなッ
「Ocean Motion」でのベニー・カーターは失念したが
ピート・ブラウンは快進撃での自己満足である

「ドクた、さんってスゴイ」(深夜食堂みたぃ)

あのなぁ 正太郎少年ょ
「仁義なき戦い」では各出演者のモノマネはできますょ
せやけど「深夜食堂」って・・・アレはオレやねん

(ネット上では一時 コバやっさぁ〜ん)
って呼ばれてたんやから んまに(今さらナニを・・)




(っちゅーことでしょーもない 話題で行数を割きましたが)
当レコ一発目の「The Cats And The Fiddle」と言えば・・・・


続きを読む
ラベル:Stash Records ST104
posted by ドクた at 23:23| 京都 ☁| Comment(0) | JAZZ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月05日

Louis Armstrong And His Orchestra 「Satchmo's Collector's Items」

IMGP0404.JPG

(2017年 1月度入手ブツ)

リリースは1957年
オリジナルのレーベルは黒だが僕のはカラーやから
何回目かのプレスやと推測するしかしゃーなぃ

調査の結果 37年から40年代前半の
デッカ録音を収録されたレコらしいので確認作業をした

続きを読む
ラベル:Decca DL 8327
posted by ドクた at 09:46| 京都 ☀| Comment(0) | JAZZ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする