2018年06月17日

The Greatest Trumpet of Them All (feat. Benny Golson) Dizzy Gillespie and His Octet(1957)

IMGP5725.JPG

(入手年月日 忘れた)

そ・ピナッ!と喚きナイフを振り回してチャノとかパーカーという
不良仲間でなく教室でも目立たないガリ勉野郎
ジジ・グライスくんと付き合うとこうも変わるモノか
という気品とゆーかシックなアルバムである

コレ・名盤とはいかないが1957年のディジーは精力的だ
というその昔落札した当CDもついでに記しておく

我が国の当時(今もそーか)の業界は
コロンブスよりアメリゴ・ヴェスプっちを
評価する風潮にある せやから来日時
「私の名前はマイルス・デヴィスです」
と皮肉ったと推察する

MCではかなりフザけてるがインテリでしょ
ソコにジャズ・メンとして長生きできたヒントが
あるよに僕ぁ思える

オレも長生きして孫とミシシッピ・シェイクス聴こ。


posted by ドクた at 23:36| 京都 ☁| Comment(0) | JAZZ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月15日

Dizzy Gillespie At Newport (1957)

IMGP4925.JPG

親に許しを請うためだけに5年・この世に生まれてきた幼子
(という最近の事件)

子が親を金属バットで・・・
という事件は小野田さんが帰国した頃だったか
あの頃からこの国はオカシなってきたんちゃうヶ

てな事を思い出しその頃ガキだった僕ぁ
雑誌でよく見かけたジャケがコレ・・
苦節 うン十年(それほど欲しいと思わなかった)が
いちおー オリジナルらしきブツをゲット
「わしゃぁ ヴぁかじゃった」(頂上作戦から抜粋)

コレぁ ワタクシの定規で測定すると
名盤以外ナニものでもないと判定した

(ン・ 世間一般でもソなの?)

ディジーが続いたトコロでホントは次回の
(2016年9月の入手ブツ)と
わが国の憂いを述べておく事にした

ふぃ〜 本日も夜勤が終了した
ロンリーなミッドナイトこそ僕の修行場だ
(あした 起きられるやろか)。


posted by ドクた at 01:59| 京都 ☁| Comment(0) | JAZZ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月14日

「Ken Burns JAZZ Collection Dizzy Gillespie」 (1940 to 1967.)

IMGP3076.JPG

(2016年 8月入手ブツ)

ひとりの楽士さんを知るには
ベスト盤よりケン・バーンズってえーかも・・
(年代に沿っての編集がウマイ)
せやけどホンマに好きな楽士さんなら
ダブるからアルバム単位で1枚づつとなるか

そしてナニを知りえたかとゆーと
「The Eternal Triangle」
ロリンズとステェットのバトルが凄かった

とゆーことと、やっぱ発生源はリトル・ジャズやな
っちゅーことが確認された
(ソレだけかい?)
今んトコロ・・・

それにしても裏のゲストハウスの工事がウルサイっ
(オレ 夜勤明けなんやけどなぁ)。




posted by ドクた at 11:13| 京都 ☁| Comment(0) | JAZZ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月13日

Charlie Parker And Dizzy Gillespie 「Bird and Diz」(1950)

IMGP3094.JPG

(2016年 8月入手ブツ)

やっぱオリジナルな絵がえーと思うが
ネットを見てるとオモシロイ意見がある

やっぱバディ・リッチでいーのである
ミスマッチ歓迎晩餐会だそーだ
(ま、ヒトの勝手だが・・・・)

せやけど、お・オレ ナニしたらえーにゃわかれへんやんヶ
(と・ゆー箇所がある事実に基づき)
良識アル世間一般意見の信憑性を僕ぁ重んじる

あ、ほてからジャズの聴き方を教えてくれるサイトもあった
楽しくジャズを聴くにはバップとかビ・バップを聴いては
絶対イケナイらしい(よくワカラン)

バップに限らず全ての音楽に耳を傾けていたい
(ソコで○×付けたらえーだけの話ゃがな)
やろ?

ラベル:POCJ-2473
posted by ドクた at 09:18| 京都 ☀| Comment(0) | JAZZ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月03日

Buck Clayton 1953, Vol. 2

IMGP3073.JPG

(2016年 7月入手ブツ)
1953年といえばクレイトン42歳(厄年か)
ミュージッシャンのインスピレーションとゆーか
才能が爆発する年代は二十歳代が圧倒してあと30代かな

せやから円熟の境地てな謳い文句の音源なんて
ウソっぽぃ・・てな事思ったのは
ワタクシがガキだったという証である(すまん)

一番好きなアルバムはリヴァー・サイド盤だが
当音源も三つのジャムセッションから成り
パリといえど高水準まったりクルージング・ジャム

ちなみに僕ぁブルーベリージャムが好きだ
(わかったな? オガタ)。

さて、同じ出品者から も1枚


続きを読む
posted by ドクた at 20:51| 京都 ☁| Comment(0) | JAZZ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする