2018年05月25日

Wynton Kelly 「Kelly at Midnight」 Recorded in New York, April 27, 1960.

IMGP3071.JPG

(2016年 7月入手ブツ)
その頃 あの泣く子も黙るコメンテーターさまから
コレ聴かな しゃぁーかれっドッ!
とは上品な方なのでおっしゃってませんが

そのくらい気迫のこもったオススメ音源でありまして
手っ取り早く紙ジャケなんぞ仕入れた次第です

お前がリーダーかぃと思わせるフィリー・ジョー
(ヤッてますな)
チェンバースは職人ベースを聴かせますが
ケリー・・(思い出した)「カインド・ブルー」か
ガーランドはあのシングルトーンが好きゃ
エバンスはけっこう聴いたが(好きになれんがワルツ・ふぉくらいか)

ふたりのハイブリットがケリー?
陰のない音を出す人やと思た(1枚だけ聴いてもワカラン)
この1年後・つまり去年 市役所前の地下街で(レコ祭り)
出店を出してた河原町のおっちゃんからコレわ!と思うケリーを
(たぶんオリジナル)買ぅた・ヨカッタ(喜多商店)

ほてから4日前かオーサカで次女と待ち合わせ
ほんの少し時間があったんで段ボール山積みの中古レコ屋へ飛び込んだ
(LPは荷物になるのでケリーのシングル盤をゲットした)
好きになったのかもしれない。

posted by ドクた at 09:30| 京都 | Comment(0) | JAZZ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月22日

Dodo Marmarosa ‎「Dodo's Back」(1961)

IMGP3489.JPG

(2016年 7月入手ブツ)

いちど河原町のおっちゃんトコロでオリジナルを手に取った
(おっちゃんは僕以上に僕の経済事情を把握してるようだ)

コレはちょっと・・・・・
(みなまで言ぃなさんな)了解

後日千円シリーズのCDを見事落札した
まちがいなく名盤だ

「Cottage For Sale」の何小節かを聴くと
毎回のけぞる
美しくもエロチックなあの日の記憶と
現在の寂寥感が交差してもて
バッタと昼寝をしたくなるではないか

(イメージ狂うからヤメろ?)
そーします。


ラベル:UCCU-9577
posted by ドクた at 00:21| 京都 | Comment(0) | JAZZ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月19日

Zoot Sims Quartet 「 Zoot」

IMGP3044.JPG

Recorded in NYC, 12th October 1956.

(2016年 6月入手ブツ)
わが国ではカラー・ジャケで見慣れてるが
あ、いゃ モノクロに加工したワケではない

世のオークションでバカみたいな値段つけとるが
70年のセカンド・プレス
早い話が再発ブツである
(んなに高いハズがない)

クールなゲッツ、ノリのズート
(そんな感じかなぁ)。

ラベル:Cadet CA608
posted by ドクた at 10:57| 京都 ☁| Comment(0) | JAZZ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月18日

Johnny Hodges ‎「Rabbit In Paris」1950年録音

IMGP3048.JPG

(2016年 6月入手ブツ)
バンドを離れる1年前かツアー中でパリでのセッション
(コレで調子こぃたのか)

なんぼ気に入った服やっちゅーても
他人様から見て自分に似合ってるかどーか
(ソコが問題ゃ)


続きを読む
ラベル:Inner City Records
posted by ドクた at 22:52| 京都 ☁| Comment(0) | JAZZ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月14日

James P. Johnson 「Ain'tcha Got Music」(1944 1949)

IMGP3923.JPG

たぶん2016年の5月前後に入手したブツ
もう1枚はジェームズ・Pちゃま
マイアミのパンプキン・レコードっちゅーレーベル

名だたるクレディットがジャケに記されておる
ベシェが抜けておるしビル・ハリスも・・・
(あの方ぁ 抜けてもいーか)
いずれにせよ・ノヴェルチックでダレが誰やわからん
(という録音もある)

ファッツ氏のマネージャーだったエドがMCしてるのか
やっぱソロがいい

タイムを計ると2分25秒ほどの小品
「CHOCOLATE BAR」がなんとも良い

小品といえばウェスの「フルハウス」に
えーのがあったなぁ。


ラベル:Pumpkin 117.
posted by ドクた at 12:37| 京都 ☀| Comment(0) | JAZZ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする