2017年02月16日

Jabbo Smith 「THE TRUMPET ACE OF THE TWENTIES VOLUME 1」(1928−1930)

IMGP9430.JPG

(2015年8月の入手ブツ)

さて、2015年の8月のことは あんまし覚えてないが
ジャンジャン横丁から日本橋への散策コースで買った1枚が
このジャボでありますが、リズム・エイセスのCD持ってても
やっぱCDは疎遠になりまんにゃけど このレコはかなりヨカッタなぁ、

ルイからロイというのはかなり乱暴な矢印でありますな
それよりこのジャボの影の方がルイよりロイには大きいよに思える
初期のルイさんは あー見えてもけっこう複雑なソロイストだが
ジャボはストレートでんがな この直球がロイにも継承されとる気がする
(単純と言ってしまえば身も蓋もありまへんが)

「Lina Blues」で吹くボントロもジャボ風味で
日替わりメンバーだが大概5〜7名からなるのか
エイセスっちゅー精鋭部隊はウッド・ベースでなく
チューバを使ってるから ビッグ・バンドでもコンボでもなく
不思議なサウンドを醸しておりますネ

ジャボの突撃ラッパのクッションになるよな
アイキー・ロビンソンのバンジョー・ソロが美味ぃ

もう少し「明るい表通り」を歩く時間がほしかった
エリントンの父ッつあんも・もうちょっとギャラに色つけたらんかぃ

(かくしてキャット・アンダースンは1944年に・・・)。


posted by ドクた at 13:30| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | JAZZ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月14日

Various :「Jazz All Stars」(1945/1946)

IMGP9258.JPG


えーと2015年7月度の入手ブツに
あと1枚あったのを忘れてた
(その程度のブツでありますが・・)

その当時・河原町のおっちゃんトコロへいく度
気になってしゃーない レコがありましたんやけど
2015年7月に意を決して買ったのである
(コレですんなり寝られっぞぉ)

どんなんやねんコレ
と・針を落とすと・・・(どっかで聴いたデ・コレ)


続きを読む
posted by ドクた at 17:28| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | JAZZ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月20日

THE GEORGIANS 1922-1923

IMGP8439.JPG

「踊るな・聴けいッ!」って言われて聴いてきたつもりやけど
腕組みしながら聴く音楽ってのぁ チト了見が狭いのではないか
(と・最近気づいてきた)
聴いて欲しけりゃ聴かせる音楽を演れぃッ!

聴いて踊りだそうが幸せな気分になろうが
メランコリックになろうがエアー・ギター弾こうが
聴く方の勝手ではないか

お気に入りのアーティストのアルバムを買うより
気に入った曲をmp3で1曲づつ買う
そーゆー時代なのかもしれんし 文句言う事ぁない

っちゅーことで買ったCDがジョージアンズである
(2015年7月入手)
ビックス以前のトランペッター(Frank Guarente )フランク・ガレンテはイタリア人だが
たぶん ジョニー・ガルニエリとは親戚関係ではない

Phil Specht楽団のピックアップコンボとゆーかスモール楽団
キーポイントはピアニストの Arthur Schutt
22年にゃヨーロッパへ渡りアメリカン・バンドの底力を
見せつけたのである(ジョージアンズ ナメてたらあかんぞ EU)
と・ゆーことが ザ・レッド・ホット・ジャズ・アーチブに書いたァった

白人楽団のワリにどこかエキゾチックな香りがして
それにこの年代に興味が湧くではあ〜りま温泉ではないですか

ほてから・もー1枚のオールドブツは


続きを読む
posted by ドクた at 15:04| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | JAZZ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月19日

Eddie Condon And His All-Stars ?「Bixieland」(リリース1955)

IMGP9271.JPG

(2015年7月入手)
ディキシー・ランドにかけてビクシぃランドか(ナルホド)
オリジナルはコロンビアの CL 719になりまんにゃろか
この音源はジャケ違いやタイトル違いもぎょーさん出てるみたいゃ

ダブリに要注意だが・ダレも手を出さない気もする
しかしながらけっこう気合の入った演奏である
ベースにウォルター・ペイジが参加してるし
一番気合が入ってるのはジョージ・ウェットリングだ

ビックスの曲を彼ら流に演奏しているだけで
前回のビリーのアルバムで聴ける心憎いまでの
ビックスの音楽性を重視したトコロはない・ナ。

と・ゆートコロでご無沙汰しております
全国のお父ちゃんのタメの動画コーナーの時間とします。

タグ:PHILIPS B 07088 L
posted by ドクた at 16:09| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | JAZZ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月18日

The Billy Butterfield Jazz Band 「Billy Plays Bix」(リリース1962)

IMGP8444.JPG

(2015年7月入手)

大晦日は紅白歌合戦だ(見たことないけど)
小林幸子という歌手の衣装が何億もするそーだ
(ま、んな話はどーでもえーねんけど)

このレコに針を落とすと豪華絢爛なる衣装に身をまとい
あのビックスさまが天空から舞い降りてこられる
まさに天啓である

ぶっちゃけた話・去年一番よく聴いたレコである
やったぜビリー!
と・ゆーかスタジオのスタッフとかプロデューサーとか
裏方さんの力量を感じるレコと僕は感じるねんなぁ

コレが引き金になって以降、ビックス関連の音源を
意識するようになった。

(この曲は入ってませんし、エドさんも参加してません)


タグ:Epic LA 16026
posted by ドクた at 23:32| 京都 | Comment(0) | TrackBack(0) | JAZZ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする