2015年11月29日

Various Artists ; Louisiana Swamp Blues (4 CD)

IMGP3743.JPG

コレも去年11月に到着いただきましたが
どっちかつぅーとR&Bというかロケん・ルぉ〜ルというか
ケイジャンもありぃ〜の
とにかく4CDやからデジオーディオにブチ込んで
半年ほど聴きっぱなし
聴き惚れてもてアポロ発射時間が大幅に遅れたことも・・

とにかくホレ 例の膨大なるレコード・ストーリーものも
聴かなあきまへんがナ(やろ?)
それにしてもルイジアナのR&B系だけでも
サウンド種が凄いなぁ
せやけどこの辺の人ってストラト系のパキパキ音が好きみたい

ほてパキパキ音っちゅーたらアルバート・コリンズでも
ワトソンでもない、私的にはナニを隠そうアイク・ターナー
パキパキ・キングと名付けたい
(なんでこんな話になってんやろ?)

本日もルイジアナのバイユーにデカぃ夕日が沈むのである


posted by ドクた at 21:02| 京都 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | Blues | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月02日

「He Is My Story」 Sanctified Soul of Arizona Dranes

IMGP3821.JPG



えーとヒストリカルのレコで聴いたんかなぁ
ちょーど出品されていたので(去年5月)落札した
アリゾナ”ホアニぃ〜タ ”デュレインって発音すんのかなぁ
20年代の録音を有名なおっさんがリマスターして

英語ばっかしの僕には不必要なブックレットも
ネコに小判のよーな気もしますが
さきほどのズートも朴訥という表現をされてる方も
おられるようだが(ニュアンスが違う気もしまんにゃが)
この人のピアノがなんともいいではないですか


続きを読む
タグ:Arizona Dranes
posted by ドクた at 23:47| 京都 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | Blues | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月08日

Rare 1930's Blues 1934-1937,

IMGP0622.JPG


ちょっと席を外してました・あ〜 しんど・・
(今年1月ブルース部門6枚目の落札ブツ)

スイング全盛の折・よくもまーこんなシンプルなブルースも
(日かげ者か日向を歩いてたのか)共存してたんですナぁ

Louisiana Johnny&Kid Beecherにビッグ・ビル(ブルーンジー)が
参加してるワケやけどカーネギー出演やらブルース畑のお付き合いとか
(忙しかったやろなぁ)
と思うと同時にちょっとあのギターに食傷気味になりますねけど

そゆ時に次のArkansas Shortyなんか出てくると
表現方に問題あるかもだが めちゃ新鮮ゃ
クサぃけど新鮮市場というかクサ度は新鮮度に比例する
という方程式が成り立つかどーか
(現在・理研で調査中でありますが)

次にJohn D TwittyかLittle Billか(ややこし人)が
登場すると調査中のクサ濃度が
グっと増しまんにゃが当時の流行やったんスかね
(若干・ハムファッツ調と言えるかも)

そんでもこのヴォーカルにブラック・ボブのピぁ〜ノ
洗濯屋サムちゃんに(ビッグ・ビルの)ソロなし
コレでイ〜のダ。

posted by ドクた at 23:34| 京都 ☔| Comment(5) | TrackBack(0) | Blues | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Sanctified Jug Bands 1928 - 1930

IMGP0626.JPG

コレはぶっちゃけた話(マニア向けですナぁ)
ちょっとサーモっちゅうんですか説教が多いねん

(えーごワカレへんから)その牧師さんの説教が
ドクた、お前はアホやッ カスやッ スケベやッ
(と・怒られてる気ぃ してくんねなぁ)

あ、いゃべつにウシロめたい事は(最近)してませんが
説教が長引くとなんかこー(気が滅入るなぁ)

あ、仕事行く時間ゃ


posted by ドクた at 11:34| 京都 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | Blues | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Mississippi Masters: Early American Blues Classics 1927-35

IMGP0627.JPG

こーゆーの聴いてるとなぜか故ジミ・ヘンドリクスを想い出すねんなぁ
何曲かジミもミシシッピを題材に曲作ってると思うねんけど

生きてたら絶対こーゆーのをジミ風にカヴァーして欲しかった(思うねん)
当地独特のリズムっちゅーかタイム感覚を現代に再現してもたら・・
(この時代やからえーねん)
というご意見もございましょうが
その時代にのみ封印してしまうにはモッタイナぃ遺産やと(僕は思う)


posted by ドクた at 11:23| 京都 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | Blues | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする