2017年05月01日

「Flora Molton: Gospel Songs」

IMGP9750.JPG


rec. July 8, 1987 at Studio 105 of Radio France
(2015年9月入手ブツ)

昨日はちょいとヤボ用でクルマに乗ったら
スピード違反で莫大なる金額を払うハメに陥った
(カネで済むこっちゃ 太っ腹にいこう)

あ、しかしゃ タフなオレでも落ち込むのでなく
ブルーな気分になることもある
(カネで済まん事案だ)

んな時・癒されたのが頂きブツのサム・クック
「SOULIN' SAM COOKE RIGHT ON」
(ルネさんの味付け風味があってもシンプルだ)

それにオギさんのブログで知った・当フローラおばちゃん
ブルース&ゴスペル界のマザー・テレサではないか
(両ブロガーに感謝しながら癒されております)

ま、人間も年季が入ってくると悲しい事案が多くなる
それでも歩いて行かにゃならん・ロンサム・ロードゃがな。




ラベル:Flora Molton
posted by ドクた at 14:48| 京都 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | Blues | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月05日

Victoria Spivey 「The Victoria Spivey Recorded Legacy Of The Blues」

IMGP0037.JPG

Recorded 1927-37.

(2015年9月)
河原町のおっちゃんトコロで引き抜いたレコであります
ヴィクトリア・スピヴィーってドスを効かせるワケでなく
ちょうどバーサ・チッピー・ヒル に近いシンガーと思うが
自分のレコード・レーベルを持つって顔に似合わずやり手オンナゃ

このジャケには感心した(裏を見ずとも)クレディットがわかる
そしてこのメンツ(スゴイ!)
他人の手がのびる前に勘定場へ直行という
製作者の意図 そのまんまの行動をした

それにしてもバックの連中がじつにいいプレイだ
よほどミュージッシャンから可愛がられていた
シンガーだと推測される。★★★★ 



ラベル:Spivey Records LP 2001
posted by ドクた at 23:08| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Blues | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月16日

「Fillin´ In Blues」 Rare Country Blues: 1928-1930/Obscure Barrelhouse Piano: 1928-1930

IMGP4848.JPG

2015年3月度の入手ブツ

そーだ先日もジャンジャン横丁で鮨で一杯飲って
ブラブラ日本橋までフラついてエレベーターがあるのも忘れて
3階まで登りつめたではないか

んな時に戦前ブルースものがLPでありゃ
大変シアワセナ気分になるのである

こんな事で満足しててはアカン
ハーウィンにはアレもコレも入手目標があるではないか
アレはたぶん無理っぽいがアレならいつか出会うかも
目標意識を持って徘徊しようと思う

(ベッシー・ジョンソン)?



posted by ドクた at 14:13| 京都 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | Blues | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月08日

Peabody Blues

IMGP3741.JPG

(2014年12月度・落札CD)

1929年の9月中旬、メンフィスのピー・ボディホテルに
滞在した・・・という夢を見た

夢ではなく当ホテルは現在もその地に現存するらしい
世界遺産に登録されてんにゃろか?
行って確認しなければならない

あ、その前にパソを買い替えなければ・・・・
(一行書く度・固まりよる)どん・ならん
カネを使うのは大ッキライだッ!
(という性分である)
とうぶん・ガマンしょ

とにかく全曲えーど!・というCDは珍しい
「How Long How Long Blues」はダレもが演ってる
ブルースのスタンダードだがコレがいい


60年代ポール・バター(バンド)のあの
サウンドが僕にはチラつくのである。

posted by ドクた at 22:02| 京都 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | Blues | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月06日

V.A.「Bluesin' By The Bayou」

IMGP3739.JPG

CDCHD 1368


ぶっちゃけた話、まだ2014年12月の入手ブツがありまんにゃが
どれを書いてナニを書いてへんのか
(イマイチわからんようになってきた)

で、この落札CDは不運とゆーかこの前の月に
コレが入荷したから影が薄いとゆーか
好き者変質者にはありがたい珍しい音源かもだが僕には
いまいちピンと来なかった

あ、ソレで・ですネ・・・


続きを読む
posted by ドクた at 22:10| 京都 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | Blues | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする