2014年12月08日

The Half Ain't Never Been Told, Vol. 1 / Vol. 2(1920s and 1930s.)

RIMG4122.JPG

と・ゆーことでやっとこサ・今年1月購入ブツまで遡ってきた
(まずはブルース部門からイっときます)

ま、ダブリはあるものの こういうブツが出品されますと
(落としときましょ・そーしましょ)ネ?
我が家のライブラリーの一環である

(何回聴いたやろ?この曲)


posted by ドクた at 09:15| 京都 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | Blues | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月25日

Memphis Jug Band Volume 1〜 Volume 4(1927-1934)

RIMG1923-tile jug band.jpg

と・言ぅーことで現在上半期・6月辺りの音源在庫整理を
執筆中なのでありますが・・
うぅ〜ム、チぃとダブリもありますなと・
いまだ完全なる脳内インプットされてない(Before the Blues,VOL1〜3)
なのにドぉーしてこんなの落としてまぅのン? 

おっさんをその気にさせる出品者がワルぃ
と・ヒトの所為にしたら アカンがな
極小資本出費の株価がチョットだけ上がって儲かった!
と・早トチリとゆーか調子コぃてもてから
すぐに太ッパラになってもて落とさせていただきました
その頃(ヤフー株でちょっとだけ儲かったのは事実である)

株主やのに出品したらアカンのかぇ(わレぃッ!)
という懸案事項は施設に入ってから
ジックリゆっくり考えさしてもらぅとして

人類未踏辺境の地にある古代の教会で奏でられておるよな
ピュアな音楽を聴かせていただいたのは晩秋の景色を撮った午後
うぅ〜 さびぃ〜ッ! とせんべい布団に包まって
心にローソクの火を点させていただいた
そんな侘しーぃ日のことである。

posted by ドクた at 21:29| 京都 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | Blues | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月08日

Jimmy Witherspoon 「Baby, Baby, Baby」(1963)

RIMG1531.JPG
(3月 落札)
うう〜む、60年代のウィザスプーンってホンマに好きやなぁ
(ココだけの話)
マディ・ウォーターズより好きなんゃ
(ついでに大きい声では言えませんが)
ジミー・ラッシングより好きなんゃ

この意味ワカッテもらえるかなぁ
モダン・ジャズメンをバックに
ブルースを歌うオトコ
(せやからどちらのファンからも評価されてへん)感じ
せやけどそーいぅスタイルこそがめちゃ似合うヒトゃ
ブルースがヴオーカル音楽である限り
ジミー・ウィザスプーンは立派なブルースメンである
(と・僕ぁ思う)

ま。カタぃ話はこのくらいにして・・


続きを読む
posted by ドクた at 22:38| 京都 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | Blues | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月28日

Genial Hawaiians (1932-34)

RIMG1289.JPG

2月のサブぃころ入手
う〜ん、ヴィンテージなアロハに
富士山の絵柄があるように
めちゃ日本的とゆーか日本人好みな部分がある
今年の夏ぁ〜 コレでドン決まり!
と・思いきや いざ夏になってみますと・・・・

レス・ポールさんって夏向きやなぁ
と・実感 (I'll See You in My Dreams)がいい
ジム&ボブがヴィンテージ・アロハなら
レス・ポールは氷入り炭酸飲料である

テキトーな動画が無いので絵本でイク




posted by ドクた at 11:14| 京都 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | Blues | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月02日

Before the Blues,VOL1〜3 The Early American Black Music Scene (Recordings from the 1920s and 30s)

blues.jpg

フム、この手でいこう
いまだ「Times Ain't Like They Used To Be,」の後半に
舌鼓をうっておるのに昨年末またもや 3枚も落としてしまった
(聴く時間あんの?)
ボチボチと・・・・。

と・いうことで当ブログいまだ昨年末をウロついておる
し・しばしお待ちぉ。
posted by ドクた at 12:15| 京都 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | Blues | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする