2019年07月04日

Various ‎「Jukebox Jam!」 Blues And Rhythm Revue('50s/'60s)

IMGP8438.JPG

(2017・9月落札ブツ)

フムフム この月は
「Herman Chittison ‎– The Melody Lingers On」
も買ってたか
アレ?コレはまだ記事にしてへんかったか
たぶんベア・ファミリーと勘違いしてたんかもしれんが
捨て曲なしのお気に入りCDとなっておりまんにゃが

フム、50・60年代のUSA・R&B曲も
当節ロンドンのクラブで踊るにゃクールだデぇ
てな事から編集されたらしいが
曲ごとの流れが非常によろしぃ
(こゆのを名編集と言いたい)

IMGP8435.JPG

こんなオマケCDまでついてサービス満点
ロンドンまで行く必要なし

当音源デジにブチ込み動物園前の酒屋で5・6本仕入れて
たこ焼き食いながら踊る(夏場は避けたいが)
そのまま あのホルモン鍋に直行すりゃ
極楽浄土の夜もふけて あとぁ「ぜにや」の
カマンベールチーズでどん決まり!
(本日ぁ 休みだったが)

っちゅーことで記事も書かにゃいかんなぁ
いやぁ この「Jazzman」ってレーベルを調査してると
現在のワタクシの波長になぜかピッタンコの音源を
出しておられて 運がよけりゃLPで・・・
(ナンバにあったゾ)新しく何枚か買った

コレぁ 今年のレコ大賞有力候補ナンバーワン!
(仕事ヤメてダンス習いに行こかな)
と・ゆー心境(年末まで待ってネン)。












posted by ドクた at 00:24| 京都 ☔| Comment(0) | R&B, | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月30日

Kings Of Harmony ‎「Legendary King Solomon Recordings」

IMGP8433.JPG

(2017・9月落札ブツ)

東洋一のコレクター佐々木氏の貴重なる78RPMから作られたCD
これぁ 職場の掘っ立て小屋へもってってよく聴いた
いつも他音源は大音量に近いのだが
このCDに関しては極小音量で聴いてみた

小音量にすると人の声ではなく
完成された音楽に聴こえる
つまりゴスペルというせせこましい分野から
神の音楽へと飛翔するのである

それよか日頃さっぱり読めないブックレットが読めたゾ
(当たり前だが日本語だ)
サヴォイ・レーベルの歴史については永久保存モノだ
会社の基盤をゴスペルでというルビンスキィを
ニッカのジュース売りとダブらせる辺りなんざ
酒屋の親っさんにしか書けない文章である
(最近のズージャ評論家も襟を正したらんかぃ)

東洋一のコレクターやからふんぞり返ったはんのかぃな
と思たが 当KOHのフルCDの1曲づつを
懇切丁寧に涙ぐましくも御説明されてるではないか
(最近のズージャ評論家も襟を正したらんかぃ)

せやけど・最近の「余市」より千ご百円頃の方が美味かった
と思うのは僕だけやろか?
とりあえず今宵の肴は「キング・サろモン」でいこ。


(オレはコレが好きなんゃ)







posted by ドクた at 17:16| 京都 ☔| Comment(0) | R&B, | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月04日

Steve Gibson's Red Caps [Boogie Woogie On A Saturday Night]

IMGP5904.JPG

(2017年6月入手)

えーと先日っちゅーても「Lenox Avenue Jump」は2年前に書いたか
せやからジョー・デイヴィス以降・51年くらいの録音が大半を占めるが
時代の流れかメンバーの素質かR&B色が濃くなっておる

本日ぁ夜勤が明けての休日・午前中からもっかぃ寝ようと
珍しく日本酒なんか飲んでる・とその時
美人と評判のY課長から(どーでもえーよなпj

隣でハマチっ!と注文してる奥様の声が入ってはイケナイ
と即座に両手でガラパゴスを覆うオレ
(平時でも条件反射に即応する兵士の行動である)

全国のロマンチストなるお父ちゃんたちも
日々の訓練を怠らないよう 切に願うとともに
フィーチュアされとるDamita 嬢もさることながら
諸兄にはロマンチックな1曲を捧げておく
(い・いらんわぃ?)


posted by ドクた at 00:26| 京都 ☀| Comment(0) | R&B, | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月12日

Various「The Best Of Loma Records」 - The Rise And Fall Of A 1960's Soul Label

IMGP3866.JPG

(2017年4月入手ブツ)

またムービー会社ワーナーの子会社である「ロマ・レコーズ」(1964-1968)
でありますが当時(60年代)モータウンやスタックスがヒット曲を
何発も世間にブチかます時勢の嵐の中・・ガッガッガッガッガッ
(識者の方にはO・レディングをドラマティックに認識された事と思う)

モータウンより古臭く、セクシー・ダイナマイトでスケベ父ちゃん
魅了するもダイナマイト・デュオにブチのめされるという右肩下がり

わ・我が社が今 こ・こんなん出してもよろしやろか?
例のダイナマイト・デュオは「ソウルメン」歌う時ゃ
会場にそうめん流して盛り上がっとりますゾ

ウチもコンサート会場にカレーうどんブチこんだる!
っちゅう魅惑的な対応策を企画したんでっけどネ
どケチの親会社が資金出しまへんにゃがな・もぉーッ
という事でお蔵入り音源とあいなったのか定かではない

1964年から1967年まで年代順の編集が好印象だ
Invincibles というコーラス・グループの「Can't Win」
この編曲には若干・感心した

アレぁ先日もライ・クーダーが演っとぉったぞ
あの人わ 親会社のヒトやがな
(ナットク)。



posted by ドクた at 10:11| 京都 ☀| Comment(0) | R&B, | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月11日

「Swinging On the Golden Gate」

IMGP3865.JPG

(2017年4月入手ブツ)

JSP2枚組でありますが じつに楽しいCDであります
戦後の西海岸の息吹きと申しましょうかネぇ

(ビッグネームと呼べるでしょうか)
ジョー・ハンターのジャイヴにピぃ〜ウィ〜のブギ
その他の名前でんでん知らん埋もれて散って行った
数多くのインディ音楽野郎たちが聴かせてくれるんですょお

ブルースにR&Bはもちろんジャズにカントリー調ありと
大変無節操ではありますが
ソコが楽しいCDではあります

おサイフにやさしいJSPをこれでもかと無慈悲に
出品価格そのまんまで落とさせていただきました

(お前だけゃ?)。


ラベル:JSPCD4224
posted by ドクた at 12:11| 京都 ☁| Comment(0) | R&B, | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする