2021年01月16日

Various ‎– Jukebox Mambo Vol. III(1947-60)

IMGP2509.JPG
(2019年7月入手)


せやからワシゃ早ぅからムサクぅ〜ムサくぅ〜と
ゆーてたではないか、なんだこの始末わ

自国の国民を奪還できない守れないトコロへ
世界のトップアスリートが来まっか?
他力本願ではマエ進まんデ

後からヒトの上げ足とってゴチャゴチャぬかす
野ろぅも手遅れやけど今こそハッキリした
(ボンジョビ姉さんみたいな)
ヴィジョン示してみぃっちゅーねん

どいつもコイツもナっとらん
皆が清く正しくマンボにルンバを駆使して
R&B演ってるっちゅうのに
約ではなくジャスト3曲,場違い曲だ
(10in 6枚・聴いてから買いなはれゃぁ)

特にあの1曲にはどーにも我慢できん
(オガタ・・・責任とれぃ)
やはり1日10本はキツい
ニコチン切れたらメチャ機嫌ワルなるなぁ。




ラベル:JMANLP 094 jazzman
posted by ドクた at 22:26| 京都 ☀| Comment(2) | R&B, | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月27日

Various ‎; Jukebox Mambo Vol. II (1947-61)

IMGP2512.JPG

今年ではなく2019年をふりかえると
やっぱその年のレコ大賞にありますように
ラテン音楽に傾倒しておりましたですねぇ
コレぁオーディオ装置とかかわりがアリなんですょ

ソコソコの装置でボンゴやたらコンガが鳴ると快感ですねゃ
クロンチョンまたしかりでごぜぇますょん
っちゅうことで順番は2019年のクソ暑かった7月の入手

Rhythm & Bluesを軸にマンボやルンバの盆踊り
ジャズマン贔屓のジュークボックス・マンボ、VOL.2でんにゃが
やっぱ先に出た方にゃかなわない

T・ボーンはダレもが知ってるあの曲やし
レッド・サウンダースのサマー・タイムはよかったけど
もうちょいムード・ラテンも入れて全体のヒネリを
効かせていただきたかった(かように思う)

さて本年度のレコ大賞はムジュかしい
年内には報告できるよう手配したいと思う

ルンバ・ジャズからハヤ10周年(コレ入ってなかったな)





posted by ドクた at 13:32| 京都 ☁| Comment(0) | R&B, | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月12日

Various ‎– Jukebox Jam Volume Two (1948~64)

IMGP2513.JPG
(2019年7月入手ブツ)

へぇ〜 本日ぁいきなりの感染者75人やで・おぃ
コレはナニを意味してるのかダレでもワカルやろ

このツケは絶対・国に払わしたっぞぉ!
という意識は行政のトップには毛頭ない

世界的な観光都市が財政赤字やて
よっぽど仕事のできんヤツの集まりですナ
ちょっとはこういう風にアタマ使わんかぃ


っちゅうことで6月はSPばっかしコぉて7月に当CDを買ってたのか
前回とおんなじよなツラ構えなんで忘れてもてた

ま、ロンドンのクラブで踊るにゃノーザンなR&Bより
こゆニュアンスがお似合いなのか
(お年頃になると)イマイチしっくりこない

バディ・ジョンソンやサンダース・キングが
イガイゃ意外とカッコいいが
(ダレかが足引っ張ってる感じがする)

ビッグ・メイベル嬢かぃなと勘違いしそーな
メアリー・アン・フィッシャー嬢の曲を聴いて
はじめて あ、ヴォリューム2かと思い出す始末である






posted by ドクた at 21:14| 京都 ☀| Comment(0) | R&B, | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月25日

Ry Cooder: 「My Name Is Buddy」(リリース 2007)

IMGP5523.JPG
(2018年 6月入手)

さて、ポイントでゲットブツ2枚目はまえから欲しかった
キューバからご帰還のライ・クーダー氏
氏は古き良きUSAへいざなってくれるが
テリー・エヴァンズ&ボビー・キングをヴォーカルに
バックに専念する音が好きだ・・って拙者ごときが語ってはいけない

ライ・クーダー愛に火傷しそうなブロガーがおられる
ご本人には了解を得てないが知らん中じゃなし
(その昔 2・3言葉を交えたハズだ)
”そっと覗いて見てごらん”

好きなアーティストに惚れ込んで
信徒となれば権威が生まれるのだ
(この情熱がうらやましい)
わしゃ 枯れとる。




posted by ドクた at 23:30| 京都 ☁| Comment(0) | R&B, | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月29日

R&B部門グランプリ Various:「Jukebox Mambo」 (Rumba & Afro-Latin Accented Rhythm & Blues 1949-1960)

IMGP2510.JPG

えーとブックレットはナニですねんけどR&Bに差し支えはないでしょ
っちゅー事で本年度R&B部門のグランプリ受賞CDは7月のゲットブツ
その昔「ルンバ・ジャズ」って好CDがあったけどそのR&B版ですな
VOL−2,VOL−3,と買ったけどコレが一番だ

50年代世界的に流行し出したラテン音楽を逆手にとって
ジャンルを問わない楽士がその波に便乗したのか
返り討ちにしたるゾと息巻いたのか
(たぶん貪欲なる業界の意向ですな)
ソレを吸収して自らの音楽にしてしまうUSAの底力と申しましょうか
エンターティメントナンバーワンというお国柄が偲ばれる

バーソロミューはナットクだがレッド・カレンダーも
(この頃から豹変か)
コージー・コールは便乗組でカミール姐さんもカッコいいが
グロリア嬢の「I Need A Man」
このギターがカッコええなぁ〜と仕事中に掘っ立て小屋で聴いてたら
「別のCDでもこの曲聴いたはりましたデ」

と耳が良い正太郎少年から指摘されたんで若干苦労して調査した
「コブラのレコ物語」であった
(これだけ録音がクリアになったら別ものに聴こえる)
やはり言い訳にしか聞こえないか

さて、本日も深夜勤務で大晦日はバイトが休みたいっちゅーから
久々に山にこもって元旦から仕事やけど
(それほど苦にならない・・のはボケてんにゃろか?)

とにかく本日のミッドナイト仕事中はエレナ嬢をフルスロットルで鳴らしたろ


ラベル:JMANCD 055 Jazzman ‎
posted by ドクた at 12:27| 京都 ☁| Comment(0) | R&B, | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする