2019年02月12日

Various「The Best Of Loma Records」 - The Rise And Fall Of A 1960's Soul Label

IMGP3866.JPG

(2017年4月入手ブツ)

またムービー会社ワーナーの子会社である「ロマ・レコーズ」(1964-1968)
でありますが当時(60年代)モータウンやスタックスがヒット曲を
何発も世間にブチかます時勢の嵐の中・・ガッガッガッガッガッ
(識者の方にはO・レディングをドラマティックに認識された事と思う)

モータウンより古臭く、セクシー・ダイナマイトでスケベ父ちゃん
魅了するもダイナマイト・デュオにブチのめされるという右肩下がり

わ・我が社が今 こ・こんなん出してもよろしやろか?
例のダイナマイト・デュオは「ソウルメン」歌う時ゃ
会場にそうめん流して盛り上がっとりますゾ

ウチもコンサート会場にカレーうどんブチこんだる!
っちゅう魅惑的な対応策を企画したんでっけどネ
どケチの親会社が資金出しまへんにゃがな・もぉーッ
という事でお蔵入り音源とあいなったのか定かではない

1964年から1967年まで年代順の編集が好印象だ
Invincibles というコーラス・グループの「Can't Win」
この編曲には若干・感心した

アレぁ先日もライ・クーダーが演っとぉったぞ
あの人わ 親会社のヒトやがな
(ナットク)。



posted by ドクた at 10:11| 京都 ☀| Comment(0) | R&B, | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月11日

「Swinging On the Golden Gate」

IMGP3865.JPG

(2017年4月入手ブツ)

JSP2枚組でありますが じつに楽しいCDであります
戦後の西海岸の息吹きと申しましょうかネぇ

(ビッグネームと呼べるでしょうか)
ジョー・ハンターのジャイヴにピぃ〜ウィ〜のブギ
その他の名前でんでん知らん埋もれて散って行った
数多くのインディ音楽野郎たちが聴かせてくれるんですょお

ブルースにR&Bはもちろんジャズにカントリー調ありと
大変無節操ではありますが
ソコが楽しいCDではあります

おサイフにやさしいJSPをこれでもかと無慈悲に
出品価格そのまんまで落とさせていただきました

(お前だけゃ?)。


ラベル:JSPCD4224
posted by ドクた at 12:11| 京都 ☁| Comment(0) | R&B, | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月10日

Various「Love Is A Wailing Thing・The MGM 55000 Series」(1954 - 56年頃)

IMGP3867.JPG

(2017年4月入手ブツ)

阪神タイガースはトラだがMGMはムービー本家でライオンがガオーだ
創立1924年それまでサウンドトラックやハンクウィリアムズの
音源を出しており一部の例外除き R&Bは無し ・・・

やったんが54年に一発ヒット曲が出てスケベ根性に火がついた
で、オトナのR&B・55000シリーズが誕生したワケか
音楽監督はリロイ・カークランド氏・知識人のみなさまには
編曲者として周知していただいておりますがギタリストでもあり
案外少年時代のジョージ・ベンソンはコピーしとった
(と・個人的な妄想を抱く)

後に歌謡界で花開く'ザ・マン'テイラーもド・ホンカー現役
ズボボボぉに追い討ちかけるバリトンがズゴゴゴぉと肉厚ブラス
R&Bといってもスイング時代の残り香するバディ・ジョンソン調

なかなか良かとでした
が・・・THE BRUNSWICK 84000 SERIESの方が僅差で勝ちだ。



ラベル:GVC1005
posted by ドクた at 10:56| 京都 ☀| Comment(0) | R&B, | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月09日

Lord Luther 「I Am The Lord!」

IMGP3463.JPG

(2017年4月入手ブツ)

足元にレコをブチまけやがって
踏んだらどないすんねん・コンニャロー
(と・思いながらも落札した)

1955年から2010年か(チト欲張り過ぎネ)
ほて、60年代はコレ

CDの編集がヘタクソなのか
僕の定規で計るとRockin'ナンバーとゆーより
ポップス色が濃厚(好きになれん)

ソコでお口直しとゆーか
(あまりの安値に目がくらみ)買ったのが・・・

(恥じゅかスぃ〜のでナイショにする)。



ラベル:Ace CDCHD 1258
posted by ドクた at 23:17| 京都 ☁| Comment(0) | R&B, | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月13日

「Battle Of The Deep Soul」Roscoe Shelton & Roscoe Robinson

IMGP2335.JPG

(2017年 3月入手ブツ)

当時・ダレじゃ 落としやがったんわ?
という意見をネットで聞いた気もしますが
アホみたいな値段で落札したのは当然ワタクシドモでごぜぇまして
ジャケにカネはかけず中味で勝負ダ!
という会社の姿勢がまじまじと伝わる商品です

解説はご存知・鈴木のKちゃんって気安く呼ぶが雲の上の筋金入り
同姓のロスコーでA面がシェルトン・・・にもかかわらず

B面のロビンソンを冒頭からホメちぎるKちゃん
60年代後半アメリカン・スタジオ録音が大半だが
最後のナッシュビル録音と思しき
「I'm Burning and Yearning」が僕ぁ好きだ

A面のシェルトンはご存知マッスルショールズやろ?
というKちゃんのご意見に(マチガイねぇな)
とワタクシどもも賛同(ダレが聴いても賛同です)

ま、ブルースやRアンドBぃっちゅうのはヴォーカル音楽にゃ
マチガイないんやけどソレとアレと年代が
ピタぁ〜っとハウスで音楽が光りよる
(と・僕ぁ思う)
と・ゆーことでこの月は少なかったようだが
各月SPも仕入れておりソコまで紹介の手がまわらん


続きを読む
posted by ドクた at 10:42| 京都 ☀| Comment(0) | R&B, | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする