2014年11月25日

「Your Wish Is Our Command」Northern Soul of Chicago (1964-1970)

RIMG3157.JPG

カタぃ音楽を聴いてるとワタシのようなインテリには
息抜きが必要だ(なんの為の音楽ファンゃ?)
というご指摘もあろうが
みなさまにも思いあたるフシは・・・・・
(やろ?やろ?やろ? やっぱし・・)

で、肩は懲りまへんにゃけど
(残るモノはなかったなぁ)ザンネン。
posted by ドクた at 09:01| 京都 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | R&B, | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月21日

VA:「The Gospel Train Is Coming」 (1926−1969)

RIMG3054.JPG

(昨年10月クリック)

ヤフオクの音源をモレなくチェックする?
もっと有意義で音楽業界に貢献すべき事案があるではないか

そーだ(コレをカフェそぉ〜ヲ?・チェックと呼ぶ)
氏のブログをつぶさに研究し、紹介されたり
歯牙にもかけないそぶりの音源を極限まで精査する
(コレがカフェそぉ〜ヲ?機関の仕事だ)

調査した音源をゲットできるブツもある
(が、ゲットできないブツの方が多そーだ)
コレではカフェそぉ〜ヲ?ファンクラブ名誉会員の称号を
剥奪されるではないか(だからポチっと買った)

広範囲な年代オムニバス・ゴスペルだが30、50年代が主か
(編集が上手いし聴きやすいデぇ)
コレを書くにあたって初めてライナーに目を通した
へぇ〜 ゴスペルシンガーズのバックでジャズの熟練工が仕事してまっせ
ほぇ〜 フォンテラ・バースのお母ちゃん?
(ランディ・バースとは無関係ネ)

だけどやっぱ1発目にタイトルにもなったコレを持ってくるトコロがニクイ
(そーいえばガキの頃ソウルトレインって番組見てたなぁ)


posted by ドクた at 23:02| 京都 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | R&B, | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月27日

「I'm Ready」 The Modern Story (1952-1957)

RIMG3912.JPG

っちゅことで体調崩した犯人は蓄膿やったみたい
チくノぉ〜ッ!(チキショーッ)
総合病院から口腔外科へ渡り歩き全快したと思い
近所の耳鼻咽喉科で鼻をシュッとやられたら
またもゃ涙と鼻水の洪水
文句言いに行くのもジャマくさく
去年音源の紹介もしんどぃ

そゆ時せんべ布団にくるまり出勤時間まで
ヴォリュームを絞り聴くのが先月買った当CD、
IMGP4659.JPG
録音年月日が自分の生まれた年の範疇に入ってるからか
せんべ布団も揺りかごのようである
(いいナぁ)。
posted by ドクた at 13:17| 京都 ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | R&B, | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月03日

Birth of Northern Soul (1954-1962)

RIMG2051.JPG

以前ケントのノーザン買ったが断然コチラ
「Outta Sight Records」のコレが気に入った
今年買った僕のR&B部門では最優秀賞である
なんちゅうてもマジック・サムの曲が2曲
(1曲はタイトルちがうけど)
あの曲でんがな・もぉ〜

別バージョンで聴くのもオツなもの
サムさんのトリビュート盤としても
いいんじゃないでしょうかネぇ
(ワしゃぁ〜 気に入った!)
続きを読む
posted by ドクた at 23:46| 京都 ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | R&B, | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Very Best of Big Joe Turner (51-59)

RIMG3055.JPG

ん?あー ちょっと気になって・・・
(同姓同名のピアニストが)
ってのが真実なのでありますが
やっぱ安いからって買う必要なかった
昔めちゃ聴いてたアトランティックのオムニバス
(全部脳内インプットされてますがな)
年ゃあ〜 とりたくない

さて、前回か50年代ジャズシーンにおける
ホット&クールについて若干述べた気がするでもないが
今回は体験コースを指導してみたい

続きを読む
posted by ドクた at 23:21| 京都 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | R&B, | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする