2018年07月21日

夏季読書感想文

IMGP6570.JPG

ウィリアム・テン短編集〈1〉ウィリアム・テン短編集〈2〉

本日も猛暑予報だが海にも行かず 手持ち音源を繰り返し聴き
扇風機を強にして古本をむさぼり読む
(コレがおカネをかけずに過ごす方法である)

さてSF好きってこたぁ まったくないのですが
R&Bを落としてる出品者が出してたので落とした

ジャンルを問わずオモロイ事はいぃ〜事だ
ソコに本という本質があるのかもしれん

詳しく知りたい方ぁ コチラ



続きを読む
posted by ドクた at 11:48| 京都 ☀| Comment(2) | オモロかった本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月28日

年末読書感想文

posted by ドクた at 15:01| 京都 ☁| Comment(0) | オモロかった本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月01日

死者を鞭打て (ハヤカワ・ミステリ文庫)ギャビン ライアル (著), 石田 善彦 (翻訳)

IMGP8659.JPG

今年のふるほんまつりでのブツ
まず1冊読了した

先日ぁギャビン ライアル様を褒めチギった
あぁ〜 それなのに・それなのに・・・
(先ほどのをコピペした)

やはりライアル様には大空を飛んで欲しい
僕はちょっと悲しくなった。



posted by ドクた at 16:49| 京都 ☁| Comment(0) | オモロかった本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月29日

ブルースの歴史 単行本 ポール・オリヴァー (著), 米口 胡 (翻訳)

IMGP2196.JPG


っちゅーことで コレぁ去年のふるほんまつりで
ヤフオクよりかなりの安値でゲットした

ナニ?「ペグ・レグ・ハウエルに意外と紙数を割いている」
そーでしたんかいな、コレぁ3・4回読み直さなあかん
(と・思いながら)ナニかと忙しく・・

ただ 読了後コレを引っ張り出して
(聴いた記憶はある)


続きを読む
posted by ドクた at 21:19| 京都 ☀| Comment(0) | オモロかった本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

天才たちのジャズ (宝島社文庫) 後藤 雅洋 (著)

IMGP8658.JPG

ま、モダンのカタログをと思て
今年のふるほんまつりでコぉたんやけど

よせばいいのに文章を読んでしもた
(オモロなかった本に属する)

店で鳴らしてるのが唯一のジャズみたいに
思てはりまんにゃろか
たかが黒人音楽のひとつの表現法やがな
世界は広いんやから(広角度な視野を持ったらんかぃ)

ドルフィーのセリフの裏をかえせば空気の振動と静寂は
カタチもないし目に見えへんけど無限なんゃ

無限な感動に言葉や文章で柵を作るのはオカシがな

ジャズがわかる?
(おれ わからんでもえーと思た)。



posted by ドクた at 21:14| 京都 ☀| Comment(4) | オモロかった本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする