2017年03月02日

志水辰夫(著)「つばくろ越え」

IMGP5297.JPG

ひさしぶりにオモロかった(古本)の話でも・・

飛脚っちゅーてもウチの近所の運送屋ではない
リレー式の飛脚とは別に通し飛脚と呼ばれる
経費削減の為か ひとりで大金を運ぶ飛脚

道中どんな苦難や修羅場があろうとも一人で処理できる判断力
体力はもちろん度胸を必要とする、あとは人情に厚くなければ
読み物として成立しない

連れ帰った孤児の巳之吉がいなくなった
仙造はだまって親方の箪笥をあけ 身にあった一振りを選ぶ
親方の勝五郎もそれより大振りの一本を選び
ふたりは酒抜きで飯盛り女に支度させた夕食を
明日のために黙々と食うのである

話の内容もオモロイけど
クぅ〜 こういうシーンはじつにハード・ボイルドを
感じさせるなぁ

ハード・ボイルドに時代や国それに職業という
ボーダー・ラインを取っ払ったのは
志水辰夫さまである・と思った

蓬莱屋帳外控三部作では やっぱし『つばくろ越え』が
ダントツによかった。

posted by ドクた at 16:08| 京都 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | オモロかった本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月15日

「逃げろツチノコ」 (1973年) 山本 素石 (著)

IMGP2695.JPG

今はなき大好きな山本素石氏の本であるが
(僕は安く落としたが)
最近高値がついておるようだ

氏がはじめてツチノコと遭遇された場所は京都市内
(知っているので今度自転車で行ってみョ)
ソレが発端となりツワモノども集団ノータリンクラブが
アホらしくも学術的精彩を放ち全国調査に乗り出すのである

ツチノコの襲撃に備え大金を投入して金属製スカートを
製作する辺りは本気度がハンパではない

この精鋭学術行動部隊をまたもや小説にしたのが
田辺聖子ちゃんの「すべってころんで」
コレがTVで放映され全国ツチノコブームとなるが

隊長・山本素石の胸中は「おもろうて やがて哀しき」
という心の移ろいとなるのである
コレもまた男の冒険であり男のロマン漂う文学ではないか

男に血が流れているかぎり釣りに行かねばならぬのだ。


追記:どうやらツチノコはスタンダードな存在に
なってきた思いがする


posted by ドクた at 13:09| 京都 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | オモロかった本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月14日

「レディ・ジョーカー」上下 高村薫(著)

IMGP2693.JPG

えーと それでは古本の話をつづけますが

コレよかったなぁ ぶ厚いのが2巻
どーなるのん?・どーなるのん?早ョ家帰って読みたい
(コレがオモシロ本の醍醐味ですネ)
僕もイッキツーカンにて読めましたが

「マークスの山」は僕の山歩きデビューのきっかけを
作ってくれた名作です
「黄金を抱いて翔べ」を読んだ時にも思たんやけど
とにかく活字にする前の調査がハンパではない

ソコが高村作品のデカさと奥行きと圧倒的な
リアリティーが出てくる要因かもしれまへんナ
(アホらしてTVとか映画なんて見てられっかぃッ)

ネットを見るとドラマ化されてたらしい
そのミスキャストぶりに愕然となり
(すぐにフタをした)

この作品を読みながら「グリコ事件」を思い出した

登場人物全員に流れる「心の痛さ」が書けるのは
書き手の力量ですなぁ

あ〜 ヨカッタ・ヨカッタ、最後の最後までヨカッタ。
posted by ドクた at 22:40| 京都 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | オモロかった本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月13日

「スクール・デイズ」  ロバート・B. パーカー (著)

IMGP2697.JPG

このお方こそ真のチャンドラー後継者である
第33作かぁ ご無沙汰してたなぁスペンサー

あ、スペンサーものやったらまだぎょうさんあるデ
(いゃ コレだけでヨロシ)全部読んでるがな

ジャンジャン横丁「ネコジャズ」前でみつけた古本である
スペンサーと知り合ってかれこれ40年ちかい
僕ぁソレなりにトシはとっていったがスペンサーもスーザンも
昔のままゃ

ソコにスペンサーが居て・調査して、スペンサー流に処理する
ソレだけで幸せな気分になれる
あ〜 ヨカッタ・ヨカッタ
(お口直しがでけました)。

posted by ドクた at 23:18| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | オモロかった本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

さらば長き眠り 原 寮(著)

IMGP6360.JPG


(なんだ このチャンドラー風味なタイトルは)

その原 寮氏の小説である

いつもダマされた (もう読まんゾ)
と・思いながらもたぶん安かったので買ってしまった
かなりブ厚い文庫本だ

いつもの探偵・沢崎シリーズ、彼の調査していく過程に
味があるトコロが読み進んでいける理由と思う

最後は金田一さんみたいにみんなが集まって事件解明の
種明かしの場となる(コレがきらいだ)
今回も同じくこじつけと言おうか
いくら自殺者の遺体が損傷してたからって
なんぼ一部地域の警察官に問題があるっちゅうても

本人を確認でけへん検視官・監察医ておるやろか?
(コレゃ もう読まんぞと心に誓う理由は)。


posted by ドクた at 22:51| 京都 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | オモロかった本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする