2021年05月15日

2021年・巣ごもり読書感想文 第3弾

IMGP5688.JPG
「悪魔のスパイ」 (ハヤカワ文庫NV)
マイケル・バー=ゾウハー (著) 広瀬 順弘 (翻訳)

1910年代パレスチナに住むユダヤ人はごく少数で
大方の人はアラブ人同様トルコ帝国に服従していた

トルコを支援してたのがドイツでありイギリス
おフランスを尻目にバルカン半島から中東の
支配を狙っていたのである

そんなユダヤ人一家のアーロンソン家
美貌の娘サラ・アーロンソンがリーダーとなり
仲間や恋人とトルコ軍の軍事機密を探り
イギリスに情報を流していたのであるが

裏切りがあったのか一家全員トルコ軍に逮捕
恋人は拷問の末処刑、サラはその時のために
持っていた拳銃で自殺を計った・・

という史実をもとに創作してマイケルが書き上げた作品である
せやから実在のT・E・ロレンス少佐やマタ・ハリ
はもちろん登場するが
あのエゲツないトルコ軍司令官ムラド・パシャも
実在の人物である

この作品に関しては今回感想は言わない
現在コロナ禍のドサクサ時に交戦中の地域がある
(マイケルはイスラエルの国会議員もされた作家である)

世界的に影響力のある当ブログの管理者として
戦争に影響を与える発言は計り知れないので
私の発言は差し控える事ぉご理解願いたい


さて、次はハイ・レヴェルな名作だ



続きを読む
posted by ドクた at 16:08| 京都 ☁| Comment(0) | オモロかった本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月14日

2021年・巣ごもり読書感想文 第2弾

IMGP5684.JPG
「少年時代」(文春文庫) 〈上〉〈下〉
ロバート・R. マキャモン (著), 二宮 磬 (翻訳)


1964年アメリカ南部の片田舎ゼファー
そこに住む少年コーリーは12歳
っちゅうことは若干年上か
僕とそれほど歳の差はないな
1年前に大統領が暗殺されて
アポロが月面に着陸するまで5年待たなあかんがな

ちょっと待てぃ
1964年っちゅうたら東京オリンピックやないかぇ
(ペプシのオマケが欲しーてどんだけ飲んだか)
よど号ハイジャックは1970年
7年後の1977年はダッカ日航機ハイジャック事件

時の総理・福田 赳夫は「一人の生命は地球より重い」と述べた
おぇッ!ソコの政治屋 ちゃんと聞いてんのかぇ
(平和ヴぉヶしとったらあかんゾ)
失礼しました閣下、深く反省します
(ヨシっ)

と・いうことで当作品は1995年日本冒険小説協会大賞受賞
せやからコぉてんやがコレぁ冒険小説ではない
1992年に世界幻想文学大賞も受賞しており
ファンタジィ・ホラーの名作らしい
・・・・・が
僕には上下巻読むのが大変苦痛であった

も・ひとつヒドイ作品を・・・・

続きを読む
posted by ドクた at 13:19| 京都 ☁| Comment(0) | オモロかった本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月13日

2021年・巣ごもり読書感想文

IMGP5687.JPG

久しぶり・ぶりに本の紹介をしておきますが
私見を言えば不作ばっかし
(巣ごもり読書も余計ストレス溜まりっぱなし)





続きを読む
posted by ドクた at 16:01| 京都 ☁| Comment(2) | オモロかった本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月24日

2020・年末読書カンソーブン (総評)

IMGP5136.JPG

今年は下鴨神社のふるほんまつりは中止となって
10月の百万遍でのふるほんまつりにMTBを走らせた
とにかく極少額資本の株投資に一番コロナに振り回された感がある
(収入源ないもんなぁ)
フォトコン投稿もカスりもしまへんがな
(ゲージツがワカっとらんゾ)

と・ボヤきながらソコで仕入れたのが
またもやフレデリック・フォーサイス、


続きを読む
posted by ドクた at 09:36| 京都 ☁| Comment(0) | オモロかった本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月23日

2020・年末読書カンソーブン B

IMGP9426.JPG
その男(全3巻)
池波 正太郎 (著)


正太郎少年が感染してないか心配だが義父は
池波 正太郎がお気に入りだったみたいだ
その娘が我が家へ持ち帰って(読む本がなかったんで)読んだ

幕末から明治初期までの主人公、杉虎之助の物語だが
うう〜ム、幕末と言ゃ司馬氏に心酔した僕ぁどぉもなぁ

あの中村半次郎はともかく佐々木只三郎が
いい人に描かれてるのに若干とまどった

日本人同士の最後の戦争・西南戦争
桐野利秋、西郷隆盛に付いて最後まで見届ける杉虎之助を
お爺ちゃんになるまで描く筆者の目はやさしい
ならばこそ熱い男たちの冒険小説と位置付けられる

幕末の江戸に生きた人々はスマホも新幹線も
水洗トイレも知らないが現在より人間として
人間らしく生きておられたようだ
(ほなお前タイムスリップするかぇ?)
いややん

ぼ・僕ぁネ・根っからの真面目人間なんで
山本周五郎の方がやっぱ好きゃなぁ。

posted by ドクた at 09:47| 京都 ☀| Comment(2) | オモロかった本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする