2017年04月01日

「阿佐谷界隈怪人ぐらいだあ」永島慎二(著)

IMGP6363.JPG

ふるほんまつりで見つけた、初版本ですナ

風に吹き飛ばされそうになりながら
旅をつづけるカエルとか・・

漫画家ってゆーよりあまりに詩的なんよネぇ
文章よりやっぱ あの画ですなぁ

この本を買った自分に★★★★ダ。

永島作品に似合う音楽を独断と偏見で・・「Tishomingo Blues」




posted by ドクた at 13:22| 京都 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | オモロかった本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「梟の城」司馬 遼太郎 (著)

IMGP2187.JPG

うって変わって今度は忍者モノを読んだ
伊賀忍者・葛籠重蔵(つづらじゅうぞう)の話だが
いつもの司馬遼太郎の作品とはちょっと雰囲気がチガウなぁ

昭和33年に出来上がったのかココから忍者ブームが
起こったようだ
読み物としてはフツーにオモシロかった。
★★★


あと読んだのわ・・・
続きを読む
posted by ドクた at 12:14| 京都 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | オモロかった本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「峠」(上・下巻) 司馬 遼太郎 (著)

IMGP2698.JPG

また、新世界の入り口にある古本屋で買った
(この状態で2冊で百円)
高いとも安いとも思わんがオモロかったらソレでよし

河井継之助、僕には竜馬より魅力的な人物と思える
立派な政治家だ、武士の世はいづれ滅びると知りながら
理想の長岡藩を追い求め最後は武士として散っていかれた方

なぜか読み終わって三島由紀夫のことを想った。★★★★★

去年末、阪神百貨店での司馬遼太郎展
(奥様が買い物したのでタダで入れた)


続きを読む
posted by ドクた at 12:03| 京都 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | オモロかった本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月30日

2017・春 日淡水槽の報告

IMGP3325.JPG

去年の夏は猛暑とゆーより酷暑であった
日淡に生きる生体と管理者にとっては
ハンバーガーヒルやテト攻勢の如き熾烈を極めた
戦いであったことが昨日のように思える

凍らせたペット・ボトルを何本投入したことか
にもかかわらず尊い戦死者を出してしまった
今年も経済が上手く回っていないので
水槽用クーラーは諦めペット・ボトル&扇風機作戦を遂行予定だ

それにしてもカゼトゲタナゴが入手困難とゆーか
高値になっておるようだ

そんな折、ネットで奈良の業者に入荷&特売記事発見!
熊本産5名を日淡水槽に即・編入させた
彼らの働き方によって引きこもり在来兵士たちも
行進するようになったゾ

春めいてきたので耳かき1杯の兵糧を与えようお思う


続きを読む
posted by ドクた at 23:45| 京都 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月29日

Victor 21348-B

IMGP9799.JPG

Louisiana Sugar Babes orch 3-27-1928

Garvin Bushell Clarinet, Alto Saxophone, Bassoon
James P. Johnson Piano
Jabbo Smith Cornet
Fats Waller Organ

なんだ・なんだぁ 38度の熱ぅ?
(オレなんか今年に入って3回も風邪ひーてもて)
現在花粉症で右の鼻と目ぇだけグズグズ・ぐっしょりだぜぇ〜
(って自慢にゃならんか)

私物をすり減らすのが大ッキライな男だ
蓄音機を回すとSP盤の命が削られるではないか せやから・・

うん・プライムビデオも見たいが先日からSP盤のPCにおける
整理を少しづつしている(たぶんこの人もPC上の在庫整理だな)

ベビー・フェイス氏へのお見舞いがてらファッツさんのオルガンでも聴いてもらぉ


「Sippi」

タグ:victor 21348
posted by ドクた at 22:15| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | JAZZ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする