2017年09月04日

2017年・夏の水遊び報告

IMGP7760.JPG

えーと先日ぁ 海に3回 びわ湖に2回と言ったが
また、びわ湖1回追加した

今年も暑ぅーて水に入ってな やってられん
そのワリにこの夏の就寝時にゃ 扇風機1台で
押しとうしたのである
(って自慢にゃならんが ちょっとだけ自慢したぃ)


続きを読む
posted by ドクた at 21:40| 京都 ☁| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月20日

2017・地蔵盆

IMGP7755.JPG

本日ぁ我が町内会の地蔵盆で
ウチの家の前にゃお地蔵さんがおられる
この大事な時に若い家族は旅行かぇ?

年増のおっさん&オバハンでテント張ったり
景品並べたりボンさん迎えたり(大変だった)
ウチの前にゃ景品の空箱が残るのみ

日頃レコード中心に思考しておると
すぐ閃いた(ニュービーズ・イケるで・おぃ)
少し身長が足りないか
チョコっとはみ出たジャケでダレかわかった?
(サスガ!)

とゆーことで最近の地蔵盆は(子供がおらんので即終了)
僕が子供の頃ぁ 深夜まで町内会多数で盆踊りを踊ったものだ
時代を反映して盆踊りにツイストなんかも取り入れた
今思たら けっこうオモロかったなぁ
こんな感じやった(後半部分)




posted by ドクた at 22:23| 京都 ☁| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「The Johnny Otis Show Live At Monterey!」

IMGP5125.JPG

(The 1970 Monterey Jazz Festival!)

(2015年12月度ゲット・ブツ)
R&Bファンなら一家に1枚という定盤か
ガキの頃から欲しかったレコである
当時はなぜか高いレコでついぞ買えなかった
(現在バッタもんが出ているようでヨカッタ)

大人になってまたレコ漁りをしだして
当レコ出演者の旬の時代の音源も何軒か聴くようになった

最近僕も職場ではレジェンド・ドクたと一部から呼ばれておるが
この出演ミュージッシャン達は70年ともなりゃレジェンドだ

ガキの頃・国産ミュージッシャン達も憧れたであろう
70年代サウンドではなかろか(てな事も 思う)
レコを回せばソレなりに楽しまなくては意味はないのだが

ソレより以前に僕ぁ「浦島太郎」の如き
玉手箱を開けてしまった気分になるのである
今さらあの日に帰れと言われても・・・
(ジャマくさいんで・このままで えぇ〜かと思う)。



posted by ドクた at 22:11| 京都 ☁| Comment(3) | R&B, | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月17日

2017・海中訓練

IMGP7742.JPG

今年は海に3回、びわ湖に2回 計5回の海水浴だった
ジムのインストラクター イノウ○は
「よぅ 焼けたはりますナ」
(海水浴ぅ〜 お仲間とみんなでヤキニクでっか?)
発想が超・貧困である

「ひとりで卵焼きとおにぎりじゃ」
インストラクター イノウ○は僕の事ぉ
(いつもながら・けったいなオッサンやな)
と・思った事ぁ マチガイない


続きを読む
posted by ドクた at 21:28| 京都 ☀| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月16日

Buck Clayton 「The Essential Buck Clayton」(1954 and 1957)

IMGP5090.JPG

(2015年12月度ゲット・ブツ)
昔からよく見たレコ・コレもオーサカをほっつき歩いて
あんまし安いので買ったブツ

内容は以下のアルバムの1曲づつゴチャ混ぜ状態
(2枚組)
     ↓
「The Mel Powell Septet With Buck Clayton」

「The Buck Clayton Septet」

「Buck Clayton's Band With Ruby Braf」

メル・パウェルはクレイトン絡みのカーネギーを持ってる
(あまり評価してない)
セプテットは50年代のケニー・バレルの硬派度がよい
ウィズ・ルビー・ブラフって共倒れになんのちゃぅかえ
という危惧はどこ吹く風(一番良い)

なんちゅーたかてバディ・テイトが聴かせる
ジミー・ジョーンズのピアノ
ボントロはベニー・モートン
パワフルなるルビーも滑らかなるいぶし銀のクレイトンには
ひれ伏せぃッ(と・言いたくなる)
(参考作品は「You're Lucky To Me」テキトーな動画なし)

(どっかで聴いた気もするが不思議とダブリがない)。


ラベル:VanGuard VSD 103/104,
posted by ドクた at 11:14| 京都 ☁| Comment(0) | JAZZ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする