2018年06月16日

生まれた

IMGP5674.JPG

夜勤が終わって寝た頃生まれたらしい

ヨコヤマのおっさんのおかげで本日も夜勤だ
イギリス王室みたいなワケにイカン

オガタ 俺の代わりに仕事しろ
posted by ドクた at 13:01| 京都 ☁| Comment(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月15日

Dizzy Gillespie At Newport (1957)

IMGP4925.JPG

親に許しを請うためだけに5年・この世に生まれてきた幼子
(という最近の事件)

子が親を金属バットで・・・
という事件は小野田さんが帰国した頃だったか
あの頃からこの国はオカシなってきたんちゃうヶ

てな事を思い出しその頃ガキだった僕ぁ
雑誌でよく見かけたジャケがコレ・・
苦節 うン十年(それほど欲しいと思わなかった)が
いちおー オリジナルらしきブツをゲット
「わしゃぁ ヴぁかじゃった」(頂上作戦から抜粋)

コレぁ ワタクシの定規で測定すると
名盤以外ナニものでもないと判定した

(ン・ 世間一般でもソなの?)

ディジーが続いたトコロでホントは次回の
(2016年9月の入手ブツ)と
わが国の憂いを述べておく事にした

ふぃ〜 本日も夜勤が終了した
ロンリーなミッドナイトこそ僕の修行場だ
(あした 起きられるやろか)。


posted by ドクた at 01:59| 京都 ☁| Comment(0) | JAZZ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月14日

「Ken Burns JAZZ Collection Dizzy Gillespie」 (1940 to 1967.)

IMGP3076.JPG

(2016年 8月入手ブツ)

ひとりの楽士さんを知るには
ベスト盤よりケン・バーンズってえーかも・・
(年代に沿っての編集がウマイ)
せやけどホンマに好きな楽士さんなら
ダブるからアルバム単位で1枚づつとなるか

そしてナニを知りえたかとゆーと
「The Eternal Triangle」
ロリンズとステェットのバトルが凄かった

とゆーことと、やっぱ発生源はリトル・ジャズやな
っちゅーことが確認された
(ソレだけかい?)
今んトコロ・・・

それにしても裏のゲストハウスの工事がウルサイっ
(オレ 夜勤明けなんやけどなぁ)。




posted by ドクた at 11:13| 京都 ☁| Comment(0) | JAZZ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月13日

Charlie Parker And Dizzy Gillespie 「Bird and Diz」(1950)

IMGP3094.JPG

(2016年 8月入手ブツ)

やっぱオリジナルな絵がえーと思うが
ネットを見てるとオモシロイ意見がある

やっぱバディ・リッチでいーのである
ミスマッチ歓迎晩餐会だそーだ
(ま、ヒトの勝手だが・・・・)

せやけど、お・オレ ナニしたらえーにゃわかれへんやんヶ
(と・ゆー箇所がある事実に基づき)
良識アル世間一般意見の信憑性を僕ぁ重んじる

あ、ほてからジャズの聴き方を教えてくれるサイトもあった
楽しくジャズを聴くにはバップとかビ・バップを聴いては
絶対イケナイらしい(よくワカラン)

バップに限らず全ての音楽に耳を傾けていたい
(ソコで○×付けたらえーだけの話ゃがな)
やろ?

ラベル:POCJ-2473
posted by ドクた at 09:18| 京都 ☀| Comment(0) | JAZZ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月05日

写真画展とSPコンサート

IMGP5531.JPG

ブロ友と呼ばせていただけるのは一瞬の躊躇もありますが
(雲の上の人)変幻さまの写真画展へ最終日に行ってきた

画像は氏の愛機ニコンとダンディズムなる氏のハンチング

さて本日ぁ写真と音楽のコラボっちゅーことにしましょ
と・我が輩は勝手に調子こぃて愛機である
VICTROLA VV 2-55を会場に持ち込んだのである




続きを読む
ラベル:写真画展
posted by ドクた at 12:50| 京都 ☁| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする